「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

ヘア

梅雨の時期にきまらない髪…湿気に強い髪の作り方

梅雨の時期は髪に悩みがち

髪の毛には、通常約11~16%の水分があるといわれています。
湿気が高いとキューティクルがはがれている部分へ水分が吸い込まれて
膨張してまっすぐな状態を保てず「うねり」につながります。

また逆に髪のボリュームが少なかったり細かったりすると
水分を含んだ髪の重さに耐えられず
ペタンとしてしまいなんともがっかりな髪型になってしまい

 

対策は?

湿気を防ぐためには洗った後にしっかり乾かすこと

上から風を当て半渇き時にオイル(アボカドオイルなど))をつけます
毛先を中心につけ髪をコーティングすることが重要です
そしてだいたい乾いたかな?というところで
冷風に切り替え水分をしっかり飛ばしましょう

そしてそこからブラッシングをしっかり行います。
ブラッシングをする事でさらに水気を飛ばすことが出来ます。

朝はワックスなどでさらに髪をコーティングしてあげることで
外からの水分を防ぐことが出来るので
うねりにくくまたぺたんとなりにくい髪になります。

ムースだと湿気が少しあるので固形のものがお勧めです。

 

外に出かけている時に髪がうねったら?

スタイリング剤を沢山持ち歩くのは
ちょっと大変
そんなときは ハンドクリーム がお勧めです。

髪につけることで
トリートメントやオイルの変わりをして
うねりや広がりを抑えることが可能です。

ただしベタつくこともありますので
使用量は少な目に