「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

CCクリーム

試行錯誤してもどうしてもテカる!CCクリーム、正しく使えていますか?

 

 

オイリー肌特有のテカり、崩れ・・・
厚塗りはしたくない!と意気込んで買ったCCクリームでもテカってしまいもうお手上げ!
ということになっていませんか?

 

その原因はもしかするとCCクリームの使い方にあるかもしれません。

 

CCクリームの役割は「カバー」より「補正」

 

CCクリームの本来の役割は「下地&肌色補正」

カバー力を求めてCCクリームを厚塗りするのは絶対NG!
メイク崩れの大きな原因となってしまいます。

しっかりカバーをするなら、CCクリームからBBクリームを使用することをオススメします。

また部分的なカバーの場合はコンシーラーをオススメします。

 

 

 

CCクリームの適量と正しい使い方とは

 

◆CCクリームの適量

 

 

CCクリームの適量はメーカーによって異なる場合もありますが、基本的な量は「パール粒大」です。

CCクリームの量は少なすぎてしまうと全体をカバーしにくくなり、多すぎてしまうとムラになったり、メイク自体が崩れやすくなってしまったりすることもあるので、適量をつけることが大切です

 

◆崩れにくいCCクリームの使い方の1ポイント

「パール粒大」をお顔全体にまんべんなく丁寧に塗りなじませた後、
スポンジ、もしくはティッシュで優しく押さえ、余分なクリームや油分を吸い取ります。
また、押さえることによりお肌にCCクリームが密着しより崩れを防ぎます。

 

この一工夫だけで、崩れは格段に抑えられるのです。

 

 

 

暑さは過ぎましたが、これから乾燥によるテカリが現れる季節。
ベースメイクのやり方を見直し24時間崩れない完璧肌を目指しましょう。