「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

美容コラム

貴方が使っているオーガニックコスメ、本当にオーガニック?

 

オーガニックコスメというと
自然であるとか無添加であるとか…
良いイメージがありますよね

日本には数多くのオーガニックコスメが存在しますが
実はそのほとんどが 真のオーガニックであるか というと
お話は別です

 

元々日本にはオーガニックの基準がない

海外には多くのオーガニックに対する基準があり
各国各団体によって異なりますが、
それぞれ厳しい審査基準があります。

その基準を満たしたものだけが
オーガニック認証を受けることができます。

各国の団体の例
■NATRUE(ネイトゥルー)認証…ベルギー・ブリュッセル。オーガニック原料が70%以上、オーガニックコスメは95%
■BDIH(ドイツ化粧品医薬品商工連盟)認証…ドイツ。可能な限り有機栽培の植物、農薬の影響を受けない植物からの原料を使用するなどの基準
■USDA(米国農務省)オーガニック認証…95%以上がオーガニック原料である製品。
等々

 

日本にはまだこの認証を行う団体がありません。
日本オーガニックコスメ協会という団体自体は存在していますが
オーガニックコスメ、ナチュラルコスメ双方の広報をしているというのが
現状であり、認証するということには至っておりません。

そのため無農薬方法で栽培された成分を1%を使っているだけでオーガニックであると謳うことも
可能なのです。

 

 

オーガニックが肌にいいとは限らない

上記で例に挙げた団体でも独自の基準が存在する為
どれが一番オーガニックなのか?というようなはっきりとした基準は世界でもまだ
統一されている訳ではありません。
少量の石油由来の成分を使うこともあります

また無添加であるなら肌にいいであるとか
オーガニックにこだわった食事をするから化粧品も とか

そういう考えが独り歩きしていますが
食べていいものと肌につけていいものは違うということを理解しなくてはなりません

 

植物毒というものが存在する

自然・天然由来といえど
使い方、肌質、何かがかみ合わないだけで肌荒れの原因になります。

植物にはそもそも外敵(虫や細菌など)から己を守るために
ある程度毒素を持っています。

1990年に発表されたカリフォルニア大のB N Ames博士の論文
より オーガニック栽培で作った作物の方が毒性が強まる
という結果が発表されています。

農薬で自然の外敵から守られているため
毒素が弱いのですが
オーガニックの場合守るものがありませんから
植物自身が強くなるしかありません。
そのため通常よりも強い毒素が出来ます。

つまりオーガニックとうたう化粧品の毒性やアレルギー性は
通常の化粧品よりも高い可能性があります。

肌が弱いからオーガニックを使うという考えは安易です。
自分の肌を守るためにもきっちりそのあたりをわかって
使うことが大切です。