「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

メイクツール

スポンジの種類を知ることがキレイな仕上がりにつながる

適当なスポンジでファンデーション塗ってませんか?

 

パウダー専用、リキッド・クリーム専用 もしくは両用もの
それぞれのファンデのテクスチャーに合ったスポンジだと
仕上がりが違ってきます。

一般的な四角形ラウンドのタイプ
角が完全に丸い小判のタイプ
三角形、五角形、卵形やしずくがくびれたような形の立体的なスポンジ

厚さは薄いものから厚みのあるものまで

上記の大きく分けたものから細分化すると
実にこれだけ多くの形と種類があります。

消耗品だから安くていい、ありものでいい
と思われる方も多いかもしれませんが
きちんと用途にあった形を選ぶことで
メイクの仕上がりは断然変わるのです。

 

 

細かいことは苦手!な人に押さえてほしいポイント

テクスチャーとあったものを選んでいるか?

 

表面もしくは裏面を見れば確実にリキッド用であるかパウダー用であるか両用であるか明記されているかと思います。
スポンジもきちんとテクスチャーに合わせて研究されています。
パウダー用スポンジでリキッドを使用してしまうとムラになりやすいというような例もあります。
まずよく見て購入しましょう

厚みなど形に関して

 

角があるものは目のキワなど細かいところまで塗りやすいです
また面が広いものは頬など広い面積の部分にムラになりにくく塗ることが出来ます。
面と角を使い分けられるようなものがいいでしょう

薄いものは携帯用には便利ですが
力を入れてしまうとペラペラしてしまい使いにくい場合があります。

素材やキメ

 

メイクスポンジはウレタンや天然ゴム(ラテックス)を使用している場合が多いのです。
合成ゴム素材が苦手な方や敏感肌の人には向きません。
敏感肌の方はラテックスフリーのものやシリコンパフなどをオススメします。

またスポンジのキメの細かさも重要です。
キメが粗いものはムラになりやすいです。

また表裏で違うようなスポンジは仕上がりも変えられるので
オススメです。

 

 

参考にしてさらに綺麗な仕上がりを目指しましょう