「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

カラーコントロール力で選ぶCCクリーム比較ランキング

カラーコントロール別で選ぶCCクリーム比較ランキング

CCクリームのCCの由来は、意外にも各ブランドでさまざま。でも主には“Color(色)”を“Control(制御)”するや“Complete(完璧な)”“ Correction(補正)”をする、もしくは“Color(色)” の“Condition(状態)”を整える、という意味から取られているらしいですよ。

つまり私の見解では、「肌の色ムラをコントロールしながら、素肌を均一に美しく整えてくれる機能がもっとも優れている下地」なのが、ブランドにかかわらずCCクリームの基本なのでは。

たしかにCCクリームは他のクリーム系ファンデーションよりも「光」をうまく操ることで、お肌の欠点を見えなくしてくれる役割が強いんですよね。だからBBクリームのようなベタッと感もなく、薄づきなのに内側から輝いて見える……みたいな?

そこでここでは、CCクリームとしての基本中の基本の機能をしっかりと押さえ、厚塗りじゃなく透明感のある陶器肌に仕上げてくれる優秀なクリームたちをご紹介します!

1位

プリズムCCクリーム / ラナレイ

第1位

顔のツヤやカラーを光であやつる。 プリズム作用で全方向から補正。

肌の気になるくすみや、シワ、シミを独自の光の乱反射で目立ちにくくするプリズム作用。 全方向から肌色を補正してくれるので、薄付きなのに肌の欠点を隠してくれます。
ナチュラルなのに肌が整う、BBクリームとの差を見せつけてくれる一品。

2位

ミネラルCCクリーム / ラノア(LANOA)

第2位

植物系美容成分が肌のキメを整えて、内側から光反射をキレイに。ひと塗りで透明感のある肌を実現。

お肌に潤いを与えてハリ・弾力を向上させる海洋エキスを贅沢に配合。素肌自体をきれいにすることで、内側から輝くあこがれの透明肌に。 さらに4種のミネラル成分配合で、くすみをカバーして健康的なツヤをプラスしてくれます。一日中大人の上質肌が楽しめますよ。

3位

澄肌CCクリーム / 米肌 (MAIHADA)

第3位

肌色コントロールパウダーがきれいの秘密。 長時間くすみ知らずで、大人の透明美肌が続く。

皮脂吸着パウダーと毛穴ロックポリマーが凹凸を瞬時に消して、見とれるような毛穴レス顔に。 さらに肌色コントロールパウダー配合なので、夕方もくすみなく澄んだ肌色をキープできます。 透明感があるのにカバー力もしっかりなので、嫌味なくキレイ肌を自慢できそうです。