「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

CCクリーム

【CCクリームの選び方】カラーコントロールを基準に考えてみる

CCクリームの色を選ぶ上で最も大切なポイントは、どの肌トラブルをカバーしたいかしっかり把握することです。
色によってはカバーできる肌の悩みも、印象も変わってきます。
まずは自身の肌トラブルに合わせた一色を選びましょう。

悩み別カラー選びのすすめ

黄色がかった肌色

日本人は黄色人種であるため、肌が黄みがかっている人が多いといわれます。
この黄色かかった肌色はくすんで見えてしまうことが多いようです。
そこにイエローのCCクリームを使用すれば肌の色が明るくなり、くすんだ印象を抑えることが出来ます。
また、グリーンのCCクリームとも相性が良いです。

特に口周りや目の周りなどが黄みが強くなるため、CCクリームを塗る際はその箇所を意識して丁寧に塗ると明るい印象に見せることが出来ます!

青白い肌色

顔色が悪い印象を持たれる傾向のある色白の方は、
血行を良く見せてくれるピンク系のCCクリームを選ぶと良いでしょう。
肌の色が白いと、ピンクのCCクリームを使用すると血色の良さが肌の内側から透けるようなキレイなピンク肌を作ることが出来ます。

日焼けした肌色

日焼けして小麦色に黒くなった方には、グリーンのCCクリームがおすすめです。
暗くなった肌色を明るくみせてくれる効果があります。

またパープルでも透明感が出るのでおすすめです。
肌にツヤを演出することもできるので、黒っぽくくすんで見える人にもおすすめです。

顔の中心から薄く延ばすように塗るのがポイントです。

赤みがかった肌色

ニキビ跡などで肌が赤みがかっているときは、グリーンのCCクリームが赤みを抑えてくれます。
白浮きしてしまうこともあるため部分使いもおすすめです。
ここで気をつけたいのが、ニキビや吹き出物ができている部分に塗る場合は低刺激のものを選ぶことです!

シミ、ソバカスなどが気になる場合

くすみをとり、健康的な肌色に見せてくれるイエローのCCクリームがおすすめです。
全体的に塗っても白浮きすることがないカラーのため、初心者にもおすすめです。

色ムラ、くすみ、クマが気になる肌色

茶色くくすんで見える場合は、オレンジベースで明るく、黄色くくすんでいるならグリーンやパープのCCクリームでおさえると◎
顔全体がくすんで見えるような方は、イエローのCCクリームで肌のトーンを整えると綺麗に仕上げることが出来ます。

自分の悩みにあったカラーのCCクリームでカラーコントロールをして理想のベースメイクをしてみませんか。

また今は、カラーコントロール機能を持った便利なCCクリームもあるので、そちらを一度使用してみるのもおすすめです。

様々なカラーに対応する全3色展開のCCクリームはこちら!