「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

炭酸濃度で選ぶ炭酸コスメ比較ランキング

炭酸濃度で選ぶ炭酸コスメ比較ランキング

炭酸コスメで一番大事になのは、実は炭酸濃度ってご存じでしたか?

一般的に『高濃度炭酸パック』と表記できる商品は、1,000ppm以上のもの。数値は「理論値」と「実測値」があり、なるべく「実測値」で計測されたものを選ぶのがマスト。1,000ppm以上と記載がないものは、メーカーに確認しています。

1位

カーボミスト / インビィプラスブイ(iN-BE+v)

第1位

炭酸100%、濃度10,000ppm以上の 高濃度で肌への浸透を実感。

10,000ppm以上の高濃度炭酸ミストがお肌の奥へぐんぐん浸透していくのを、肌ですぐに実感できました。また、高濃度炭酸ガス100%の効果によりお肌の代謝がよくなるためか、じわじわポカポカお肌が温まり、しばらくすると毛穴がキュっとひきしまり、ハリが実感できます。ミストのキメが細かいのも◎

炭酸濃度:10,000ppm

2位

リッチ・モイスト・クレンジング / 肌ナチュール

第2位

お肌に負担をかけやすいクレンジング・洗顔を、スキンケアとして活用したい方へ。パックにもなる濃度の高さに納得。

炭酸泉の約4倍の濃度でお肌のめぐりを活性化させる濃厚泡アイテム。乗せるだけでウォータープルーフのメイクも落とせる程の洗浄力ながら、低刺激でしっとりとハリのある上向き肌へ導きます。クレンジング後に再度乗せればパックにもなり、これ1本でアンチエイジング効果満点。 使用した後は、自分の肌とは思えない、吸い付くような感触にうっとりします。数日使っていると肌が引き締まり、毛穴のザラザラ感もなくなりました。

炭酸濃度:4,000ppm

3位

炭酸ジェルパック / フェヴリナ ナノアクア

第3位

炭酸発生速度1.5倍で一気にお肌に浸透。 さすがは炭酸パックのパイオニアの炭酸パワー。

パウダーとジェルを混ぜた瞬間に炭酸が発生し、お肌にのせるとじんわり温かくなってきます。炭酸が滞りがちな血流を促進して、古い細胞の入れ替わりに働きかけてくれるのが分かります。 数日使用するとハリが出て小じわも気にならなくなりました。1回使いきりで新鮮に使えるのも高ポイント。

炭酸濃度:明記なし