「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

クレンジング

オイル?クリーム?どのクレンジングが合っているかわからない…!迷ったときの選び方とは??

クレンジングといっても、オイル、リキッド、クリーム、ジェル、ウォーター等、、、
とても種類があってどれがあっているのかわからない!という方も多いはず。

まずは覚えておきたい特徴!

洗浄力 → → → → → → → → 洗浄力

クレンジングシート→オイル→リキッド→ジェル→クリーム→ミルク

肌への負担 → → → → → → → → 肌への負担

※一般的に洗浄力と肌への負担は比例するといわれていますが、
あくまで一般論なので、製品によっては異なっている場合があります。

選ぶ基準1「ベースメイクの濃さ」

まずは「ベースメイクの濃さ」を基準にしてみましょう。
ベースメイクが濃ければクレンジングはオイルやリキッド、ジェルを選んでみましょう。
逆に薄い場合は、クリームやミルク等を使えば、無理に肌に負担をかけずに済みます。

選ぶ基準2「肌タイプ」

乾燥肌…ミルクやクリームタイプがオススメです。テクスチャーがまろやかで厚みのあるものなので、指の摩擦による肌への負担をかけにくいです。しかし、洗浄力が比較的低いタイプなので、ポイントメイクは専用のリムーバーで先に落としておいてからミルクやクリームタイプのクレンジングを使うと良いです。

オイリー肌…基本的にはどのタイプのクレンジングでも合いやすいです。皮脂が多いからとしっかり落とそうとして「オイルクレンジング」を選びがちではありませんか?
皮脂は洗顔時に落としていくものなので、ここではメイクが落ちるかどうかという基準で選びましょう。
「1分以内にメイクをゴシゴシこすらずに落とせる」かどうかが自分いあっているクレンジングと判断して良いでしょう。

敏感肌…濃いメイクをしているのに、敏感肌だからとクリーム等の洗浄力のマイルドなクレンジングを使っていませんか?
しっかりメイクを落とせていなければ、より肌荒れやニキビを誘発しやすくなってしまいます。その為メイク残りがあるから、肌荒れを起こしやすい敏感肌になってしまっているかもしれません。
敏感肌でも、メイクを残らず落とせるクレンジングを基準に探してみましょう。刺激が気になるのであれば、ジェルやリキッドのクレンジングから試しに使ってみるのもオススメです。

メイクをしっかり落とすことが、肌トラブルの軽減や、スキンケア時の化粧水や美容液を肌への浸透率を高めることにつながります。何か、お肌で悩みがあるなら一度クレンジングも見直してみてはどうでしょうか?