「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

チーク

チークの種類はなりたい仕上がりで決める!

チークといえども、パウダー、クリーム、リキッド、クッションなど色々種類があると思います。
なりたい印象や仕上がりによって使い分けるのがベストです。

ふんわり仕上がり…パウダーチーク


みなさん1つはお持ちではないでしょうか?
ふんわりとした印象や優しい柔らかい雰囲気に見せたい時には断然パウダーチークがおすすめです。
パウダーということもあり、毛穴や小じわを目立たなくさせてくれます。
パールが入ったものを使えば頬をツヤっと見せてくれます。

<使い方>
ムラのないきれいな仕上がりにするには、ブラシが必須!
発色が良いチークはブラシに付けたあと、ティッシュOFFするか、手の甲で一度量を調節してからのせましょう。頬の高い位置にふんわり広く広げるのが一般的です。

しっとりナチュラル…クリームチーク


クリームというだけあって、粉っぽさがなく保湿力が一番高いチークです。
乾燥肌の方はもちろん、乾燥小じわや毛穴が目立つ方はこちらの方がオススメです。
自然に馴染むのでナチュラルメイク、スッピン風メイクにしたい時にピッタリです。
しっとりとした頬になり、肌へのフィット感も高くキープ力が高いものになります。

<使い方>
失敗しない方法は、目の下チークの中心となる辺りに、指で3つの点を横に並べるようにのせます。
内側から外側に向けてトントンと塗り広げましょう。ここでポイントなのが、パウダーチークと違って、なるべく狭い範囲に塗ることです。
チークの輪郭をぼかす時には、指でも良いですがスポンジも使えます。

じわっと濡れツヤ…リキッドチーク


リキッドチークって一見難しそうと思われがちですが、意外と初心者の方にもオススメできる失敗しにくいチークの一つです。液状のものなのでさらっとしており、伸びが良くぼかしやすい為、色味もコントロールしやすいです。肌から滲み出るようなじわっとした血色感で、濡れたようなツヤの頬に仕上がります。ツヤ肌メイクにピッタリです。
ものにもよると思いますが、基本的にパウダーファンデーションと使うには、馴染みが悪く相性が悪いので、リキッドファンデーションとの併用がオススメです。

<使い方>
手の甲にリキッドチークをのせ、指先でとりクリームチークと同じように3つ点を置くようにのせ、広げていきます。こちらも軽くトントンとたたきながら少しづつ外側に向かって広げていきましょう。

簡単ほんのり色づき…クッションチーク


今年に入って日本でも登場したクッションチーク。
スポンジでできたクッションにリキッドのチークが入っています。付属のパフでポンポンと頬にのせるだけで完成する上にほんのり色づきなのでとっても失敗しにくく手軽なのがポイントです。
リキッドチークと同じようにさらりとしていて、でも優しく発色するので、透明感のある仕上がりになります。

<使い方>
使い方はとっても簡単です。専用のパフでスポンジからチークを取り、ポンポンと叩くようにのせていきましょう。
色をハッキリ出したい時には、重ね付けをしてください。気分に合わせて調節できるのが嬉しいですね!