「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

マスカラ

マスカラよりボリューム・ロング!理想のまつげを叶える【マツエク】を長持ちさせる方法

毎日マスカラをする手間が省け、より理想のまつげを叶えてくれるマツエクですが、
ケアを怠ってしまうと、キレイな状態をキープできません。

どんどん取れていき、まばらについているような状態になってしまいます。

マツエクを長持ちさせる方法

●こすらない
取れてしまう一番の原因としては目元をこすってしまうことです。
気負付けたいポイントとしてはまず、クレンジングです。
こってりしたジェルタイプや泡タイプなど力を加えなくても落とせるものがおすすめです。
またオイルクレンジングはくっつけている接着剤を分解してしまうので、こちらも使用しない方がよいと思います。

また、目をよくこすってしまう癖がある方は注意していただきたいのと、
乾燥によって目元がかゆくなってしまいやすい方は注意していても寝ている間に、かいてしまうこともあるので、
しっかり目元の保湿や部屋の加湿を心がけましょう。

●乾かす

まつげエクステ専用の接着剤は長時間水に浸かっていると接着した部分がはがれやすくなります。
洗顔後など濡れた後は、ドライヤーの冷風を当ててまつげを乾かすことで、持ちがアップします。

●とかす

まつげエクステは自まつげ一本に対して一本装着していきますので最初は全てがセパレートした状態なのですが、日々のメイクや生活環境で、
まつげ同士が絡まってしまい向きがおかしくなってしまったり、くっついてしまったり、バラツキが出てしまうことが多くあります。
そうすると持ちも悪くなってしまうので、
洗顔後やメイクの仕上げにまつげ専用コームでとかしてあげる習慣をつけてあげることがおすすめです。

他にも気を付けたいのが
・ウォータープルーフの化粧品は避ける
・マスカラを使う場合は毛先のみにする
・アイシャドウを塗るときにはチップを使う
・ビューラーを使うときはホットビューラーを使う

などメイクのときにも気を付けておきたい点も多くあります。

マツエクケアなら自まつげケアも

マツエクは協力な接着剤を使って自まつげに直接つけられる為、自まつげに負担がかかります。
マツエクの負担で自まつげが弱ってしまい、抜けてしまうのです。
自まつげもケアして健康な状態を保たなければ、マツエクは長持ちしないということです。

<まつげ美容液でケア!>
まつげ美容液を毎日洗顔後の朝晩1回ずつぬりましょう。
美容液の栄養をしっかり浸透させるために、洗顔後の清潔な状態がベストです。

①まつげの生え際(根元)にしっかりと付けていきます。
②根元から毛先に向かって縦につけていきます。
③下まつげにもしっかり付けていきます。

まつげ美容液には保湿してくれる効果もあり、まつげの根もとを強くします。
健康な抜けにくいまつげになります。

マツエクをしている方、またはこれから考えている方はぜひ参考にしてみてください。