「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

リップ

乾燥に負けない!「リップパック」でうるツヤ唇

乾燥が気になる季節、肌の乾燥はもちろんですが、唇の乾燥も気になりますよね。。。
カサカサの唇ではリップを塗っても縦ジワが目立ち、なんとも残念な仕上がりになってしまいます。
朝リップバームを塗ったのにしばらく経つとまた乾燥…なんてこともあります。
老け顔にも見えてしまいかねませんし、どうにかしたい問題ですよね。

なぜこんなに唇は乾燥しやすいの!?

唇の皮膚は他の皮膚に比べて薄い上、潤いを保護する皮脂膜がない為、水分が蒸発しやすくなっています。
また、食事や歯磨きなど外部の刺激にもさらされるのでよりダメージが表れやすくなっています。

唇を守る為に気を付ける事!

①リップクリームで人口的に乾燥をバリア!
②水分を奪う口呼吸×、油分を奪う唇をなめる行為×
③口を拭くときゴシゴシは×(柔らかいティッシュで優しく押さえるようにする)

唇はとってもデリケートなのです!

「リップパック」でぷるぷる唇を手に入れる

ぷるぷるした唇は憧れですよね!
「リップパック」をすればきっとあなたもプルンとした唇を手に入れることができます。

【タイミング】
肌が清潔で血行も良くなっているお風呂上りがおすすめです!

【頻度】
先ほどもお話した通り、唇はとてもデリケートな部分です。
その為、ケアのし過ぎもダメージになってしまいます。
自分の皮膚の様子を見ながら、隔週に1回か、週1回の頻度で行うのがおすすめです。

【リップパックの方法】

①蒸しタオルもしくはお湯を含ませたコットンで唇を覆い、温めます。
温めることでより保湿効果が増します。

②リップクリームもしくは、ワセリンを唇全体にたっぷりと厚くぬります。
ここでポイントなのが、ややオーバーリップ気味に塗ることです。

③唇を覆うくらいの大きさに切ったラップを、唇に重ね蓋をします。
そこから3分待ちましょう!

④3分経てばラップをはがして完了です!
油分が気になる方は、柔らかいティッシュで優しく押さえ拭き取ってください。

「リップパック」と合わせて行いたい「リップマッサージ」

合わせて「リップマッサージ」をすることで、血行を促進し血色のある健康な唇を目指すことができます。

①リップクリームもしくは、ワセリンをたっぷり唇に塗ります。
②上唇の中心から両外側に向かって指で優しくなぞります。(下唇も同様)
③上唇の中心から両外側に向かってクルクルと円を描きながら優しくマッサージします。(下唇も同様)

※マッサージも唇の皮膚の様子を見ながら行ってください。マッサージのし過ぎもダメージにつながってしまいますので、
優しく、刺激を感じない程度におこなってください。