「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

ヘルスケア

便秘は美肌の大敵!便秘薬に頼らない便秘解消法

女性の方で便秘症の方は少なくないのではないでしょうか?

そもそも便秘とは、
便秘は停滞した便がガスを発生させてお腹の張りや腹痛を引き起こします。
それだけでなく、肌トラブルつながっていることも多くあります。

という訳で、いくらスキンケアを頑張っても、便秘であることでいつまで経っても肌トラブルにも悩まされることになってしまいます。

しかし、女性の便秘は女性特有の体の仕組みが深く関係しています。

女性ホルモン(黄体ホルモン)

黄体ホルモンは、大腸の排泄運動を抑制させる作用があります。
排卵から月経が始まるまでの間は黄体ホルモンが盛んに分泌されます。
その為この期間はみんな便秘になりやすい状態になっています。

筋肉量

女性は男性より筋肉量が少なく、腹筋や大腸の活動が弱いのも便秘の一つです。

ダイエット

ダイエットによって、食事の量を制限すると便の量が少なくなるのも原因の一つになったりします。

とういう訳で、女性ならだれしもなってしまう可能性の高い便秘をどう対処していくのか、、、!

便秘薬で、、、!とう方も多いのでは?
しかし、副作用とし腹痛を引き起こしてしまう場合も少なくはありません。

セルフケアで便秘解消!

排便リズム

排便リズムを整えるために、食事や睡眠など規則正しい生活が大切です。
特に朝食は重要です。朝食を抜いてしまっている方は必ずとるようにしましょう!
眠っている腸に刺激を与えることで、便意を起こすことが出来ます。

適度な運動

先ほども話した通り、女性は筋肉量が少ないので適度な運動がおすすめです。
気合を入れて、積極的に腹筋を鍛える運動やジョギングをしても良いのですが、
普段の生活の中で下半身を中心にこまめに体を動かしたり、歩く機会を増やすだけでも便秘解消の効果が期待できます。

リラックスタイム

腸の動きが活発になるのは、リラックスして副交感神経が働いている時です。
入浴を有効に利用すると、副交感神経を優位にしやすくなります。

食物繊維

やはり、便秘改善といえば食物繊維ですよね。食物繊維は水に溶けやすものと、溶けにくいものがあります。
水に溶けにくいものは便の量を増やして腸の排泄運動を促進します。
・大豆などの豆類
・玄米
・ゴボウなどの根菜
に多く含まれます。
※しかし、過剰摂取はけいれん性便秘を悪化させたり、下痢をひき起こすことがありますので、注意が必要です。

サプリメント

忙しい人にはサプリメンが手軽でおすすめです。
・オリゴ糖
・食物繊維
・乳酸菌
・酵素
などのサプリメントが良いでしょう。

その他、マッサージやヨガなども効果的と言われています。

自分に合ったセルフケアで、薬に頼らず健康で、きれいな肌になりましょう!