「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

エイジングケア

年々意識していきたい「エイジングケア」の基本!

エイジングケアという言葉は年を重ねるにつれて、よく耳にすると思います。
エイジングとは「肌の老化」です。

しわ、シミ、たるみ、くすみ、毛穴の黒ずみ・開き、肌のかさつき・乾燥、など多岐に渡ります。

意外と知られていないのが、毛穴の症状です。
エイジングといえば、シワ・シミ・たるみと思いつくのですが、
毛穴の開きなども、別の原因でありそうなのですが、実は肌の老化にもよって強い影響を受けているのです。

さらに毛穴はシワやシミなどよりも、エイジングサインとして早く出やすいものなので、30代の方など、少し若めの方が一番気にしていきたい項目になります。

エイジングケアはいつから?

肌の特性は人それぞれ違いますので、
早くにエイジングサインが出る方もいれば、そうでない方もいます。
エイジングケアは40代以降などのイメージもありますが、サインに気づきだしてからは遅いです。
早めの対策で予防をしていくことがとっても大切になります。
アイケアや首のケアなどももう少し年を重ねてから、、、
と思っていたら遅いかもしれません。

先ほどいった様に、20代後半でまだ若いと思っていても、
毛穴に悩みが出てきたならもう肌の老化が始まっていることは十分考えられます。
以上のことから、自分で思っている年齢より早めにエイジングケアを始めていくことがおすすめです。

エイジング対策の基本

エイジングケアに詳しい方ならお分かりかもしれませんが、
重要視していきたいのは紫外線です!!
紫外線対策は白肌をキープする以外にもエイジングケアにおいても大きな役割があります。

肌の老化の大きな原因の一つ「紫外線」

若い方は特に、白肌をキープする為に「紫外線対策」をしていると考えている方も多いかもしれません。
肌の老化から考えると紫外線は、シミに関係することはもちろん、シワを作ってしまう原因にもなる活性酸素を生み出す原因になってしまいます。
活性酸素は体表に浴びた有害物質を殺すことが出来るのですが、活性酸素が増えすぎて

乾燥は大敵!「保湿ケア」
肌の老化だけでなく、あらゆる肌トラブルをおこす原因となってしまう「乾燥」!
しっかりとした保湿ケアもマストになってきます。
保湿とともに、肌を強く健康的にするために、
肌や粘膜を強くしてくれるビタミンA、肌の奥の酸化を防止してくれるビタミンE、肌作りのカギとなる良質なタンパク質を摂取しましょう

ビタミンA…鶏レバー、ウナギ、かぼちゃ、ニラ、小松菜、チンゲンサイ、ホウレンソウ

ビタミンE…アーモンド、スジコ、たらこ、鮎

などに多く含まれています。

エイジングケア用の美容液を使うにしても保湿ケアが行き届いた肌でなければ、美容成分が浸透しにくくなります。
特別なケアではなく、日々の「紫外線対策」「食生活」「保湿ケア」もエイジングケアの大きな柱であります。
エイジングケアこのように実はすぐにでも始められるものなので、今日からぜひ試してみませんか?