「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

日焼け止め

毎日使う日焼け止めだけど、肌への影響大丈夫?選び方のポイントとは

この季節、日焼け止めを毎日塗っている人も少なくないでしょう。
そんな毎日使うものだからこそ、適当に選ぶのは絶対にNG。
今回は紫外線吸収剤の役割やお肌への影響についてご紹介します。
 

紫外線吸収剤とは

紫外線吸収剤とは、紫外線を吸収することでお肌へ紫外線が届くのをブロックしてくれるものです。
紫外線吸収剤が含まれた日焼け止めの特徴として、

・伸びがよくさらっとした塗り心地
・比較的紫外線の遮断効果が高い
・白浮きしにくい

といったものがあげられます。
 

しかしこの紫外線吸収剤、いいことばかりではありません。

紫外線吸収剤は紫外線と反応し変質してしまうため時間がたつと効果が薄れ、
さらにお肌への負担となりやすいのです。
人によってはこの紫外線吸収剤がお肌と合わず、肌荒れしてしまうことも…

敏感肌の人やお子さんにとっては日焼け止め選びはお肌への負担も重要なポイントですよね。

しかし今はお肌への負担を極力減らし、敏感肌の人やお子さんでも安心して使える日焼け止めが発売されています。
次はお肌に優しい日焼け止めの選び方のポイントをご紹介。

 

紫外線吸収剤に代わる紫外線散乱剤を使用したもの

お肌に優しい日焼け止めとして、紫外線散乱剤を用いたものがあります。
これは紫外線吸収剤と違って紫外線を反射させることによってお肌へ紫外線が届くのをブロックします。

「紫外線吸収剤不使用」
「紫外線吸収剤フリー」
「ノンケミカル」
と書かれたものはこの紫外線散乱剤を使ったものが多いです。

これらの日焼け止めはお肌への負担が少ないので、敏感肌の人でも使いやすくなっています。

しかしこの紫外線散乱剤は残念な点として、塗り心地がこってりしていて白浮きしやすいということがあげられます。
 

紫外線吸収剤をカプセルインしたもの

こちらはお肌への負担となる紫外線吸収剤をカプセルインすることによって、
紫外線吸収剤が直接お肌に触れずに役割を果たすという優れたもの。

さらりとした塗り心地、白浮きしにくいなど紫外線吸収剤のメリットを保ったままお肌への負担を軽減しています。

これなら敏感肌の人やお子さんでも使いやすいですね。
 

いかがでしたでしょうか?
たくさんある日焼け止めですが、ぜひこれらのポイントをチェックし
自分のお肌に合ったものを選択してくださいね!