「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

炭酸コスメ

炭酸泉で全身スペシャルケア!! 今話題の炭酸美容

炭酸泉とは?

炭酸泉とは二酸化炭素(CO2)が溶け込んだお湯のことです。
ヘッドスパや温泉、飲料、化粧水などに使われています。

炭酸泉には濃度が大きく関係し、ppmという単位で表されます。

日本においては250ppm以上のものが炭酸泉と言われており、お湯1ℓに0.25gの二酸化炭素が含まれていることになります。

また、1,000ppmを超える炭酸泉を高濃度炭酸泉といい、より炭酸の効果を実感しやすいです。
難しいことに、炭酸は温度が高かったり刺激があると抜けやすい性質があります。
したがって、pmmが高いだけでなく炭酸が抜けにく炭酸泉がもっとも魅力的なものになります。

炭酸泉でヘッドスパ

最近はお馴染みとなってきた「炭酸ヘッドスパ」
楽しみ方には「美容室などのサロン」「自宅」の2パターンがあります。
その効果とは?

・炭酸とマッサージで血行が良くなる
・頭皮の汚れを落とす
・髪の表面の汚れを落とす

の3つの効果があります。

●美容室で本格炭酸ヘッドスパ
美容室で行う炭酸ヘッドスパは人工的に炭酸水を作る機械を導入しており、安定した濃度で炭酸ヘッドスパができるからです。
また、美容師さんに行ってもらうことで、本格的なマッサージやヘッドスパの施術が受けられます。

●自宅で簡単炭酸ヘッドスパ

自宅で行うと1回あたり約100円(炭酸水 500mL~1ℓをシャンプーの際に使用する)で楽しむことができます。好きな時に行えるのも魅力の一つです。

炭酸泉をお風呂で楽しむ

こちらも「温泉に行く」「自宅で作る」の2パターンがあります。
その効果とは?
・炭酸とお湯のあたたかさによって血行が良くなる
・体の汚れを浮かせて落とす

●炭酸温泉に行く

日本全国にある様々な温泉ですが、2012年度の調査によると17,640カ所の泉源があります。
その中でも“炭酸“温泉は全体の0.5%の80~100カ所しかないと言われています。
山香温泉(大分県)や吉川温泉(兵庫県)、大塩温泉(福島県)などがあります。

●炭酸風呂をつくる

・材料からつくる
お湯を貯め、重曹120g、クエン酸100g、塩15gをお湯に入れてかき混ぜてください。
塩にはお風呂から出た後の体を保温する効果があるので、おすすめです。
このときエッセンシャルオイルを3~5滴入れ香りを楽しむのも良いですね!

・入浴剤を使う
炭酸入浴剤をいれます。炭酸水を1ℓプラスすることでより炭酸を感じることができるので、おすすめです。
ここでの注意点は炭酸は刺激によって抜けやすくなるので、入るときにはゆっくり浸かりましょう!20分くらいを目安につかりましょう!汗がたくさん出ると思われるので、途中涼みながらや水分補給は欠かさず行いましょう。

炭酸は全身に使える美容アイテムです!
ぜひぜひ一度試してみてはどうでしょうか?