「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

CCクリーム

お肌の色に合わせてCCクリームを使いこなす!理想の肌色

photoshoot-1374220_1280

1本で化粧下地や日焼け止めなど様々な機能があるCCクリームですが、
そもそも「CC」にはどんな意味があるの?とお思いの方も多いと思います! 
実は、発売しているメーカーによって若干異なってくるんです。ただし代表的な意味としては、“Color Control”(色をコントロールする)や“Color Condition”(色のコンディション、状態)があります。
要するに、「お肌の色ムラをコントロールして、美肌に魅せてくれる」のがCCクリームの役割ってことだと推測されます。
実際CCクリームは、肌の色ムラを整えて肌色補正をする効果得られる上に、スキンケア効果などの機能を持ったものがほとんどなので、納得の理由ですね!

そんな多機能で、肌色補正をしてくれるCCクリーム、
カラーバリエーションのあるものが増えてきています!
実は下地の色って綺麗なお肌に見せるために結構重要なんです。

たとえば赤みが強いお肌の人がピンクベースの下地を使ってしまうと逆効果ですよね。
自分のお肌に合った色を選び、お肌の色ムラをカバーしてあげましょう!

オークル系の下地

こんな人におすすめ

・日本人に一般的な肌色の人
・自然な透明感が欲しい
・顔の赤みが気になる

一番標準的な色のオークルは一番使いやすい色ともいえます。素肌っぽい、自然な透明感を出したい方はオークル系を選ぶといいでしょう。お肌の色ムラをカバーして自然になじんでくれます。

ピンク系の下地

こんな人におすすめ

・肌が白く、血色がよくない
・ワントーン明るい肌にしたい
・肌のくすみが気になる

ピンク系の下地はお肌の血色をよく見せ、ほんのりピンクがかった明るい肌に仕上げることができます。肌の色が白くて青白さに悩んでいるならピンク系の下地が効果抜群。お肌に自然な赤みをプラスして、透明感のある血色のよいお肌に見せてくれます。

ベージュ系の下地

こんな人におすすめ

・シミやたるみが気になる
・赤ら顔や茶ぐまが気になる
・健康的な肌色の人

オークルよりもう少し黄色みが強いのがベージュ系。下地でしっかりシミを隠したいという方はベージュ系がおすすめ。また、赤ら顔の人や茶ぐまが気になる!という方もベージュ系を試してみましょう。

CCクリームを下地として紹介してきましたが、
実はファンデーションの代わりにもなります!

BBクリームに比べ、薄付きのCCクリームはナチュラルメイクが好みの方にとてもオススメです。
CCクリーム1本で、自然な透明感のある肌になることができます。

【 ポイント 】

くすみが気になる部分には少量重ね付け

くすみもカバーでき、透明感がアップします。どんよりお疲れ肌に効きますよ!

パウダーを優しくふんわりと

CC下地で肌をトーンアップさせたら、キメの細かいパウダーで仕上げを。
このとき、パフを押さえるようにして肌にパウダーをつけるのがコツ。クルクルと磨くようにすると、つけ過ぎたりくずれたりしてしまいますので注意!

しっかりメイクも良いですが、スキンケア効果機能があるCCクリームを使えば、
厚塗りを防げてお肌にも優しいメイクもできちゃいます。

近くのスーパーにお買い物や、お肌を休めたいという日にもピッタリですね!

自分のお肌の色やなりたい仕上がりに合わせてCCクリームを使いこなし、理想のお肌になっちゃいましょう!