「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

炭酸コスメ

素肌に自信!角質ケアにぴったり炭酸ピーリングって?

lgf01a201405291100

出典:Na-im

古い角質がたまると顔にくすみが出たり、肌のなめらかさが失われたり、化粧水の浸透が悪くなったりと。
肌の悩みを増やしてしまう原因に、、、
それらを防ぐためにはやはりピーリングが効果的です!

そもそも角質がたまる原因

肌のターンオーバーが大きく関係しています。
古い角質が正常に剥がれていけば問題はないのですが、正常なターンオーバーを保つことはとても難しいのです。
例えば、季節の変わり目はどうしても肌が気温や湿度に対応できなくなり、ターンオーバーを乱しやすいです。
化粧水や、ベースメイクなどが合わなくなってくるのもこれが原因です。
さらに、肌はストレスや疲れ、睡眠不足などにとても敏感です、ひどい場合には肌荒れやニキビも起こります。年中正常な肌でいられるのは中々難しいというわけです!

こんな時には、やはりピーリングのような特別なケアが必要となってきます。
しかし、ピーリングの種類によっては本来必要な角質や皮脂まで落としてしまったり、間違った使い方をしてしまったりすることで、
敏感肌や乾燥肌の方は特に返って肌トラブルをおこしやすかったりもします。

また、ピーリング効果の高さと、肌への刺激は比例しているので、
・加齢によって角質が溜まりやすくなっている方
・洗顔などのスキンケア不足の方
・角質を通常の洗顔では落としきれない体質の方
は効果の高いものを選んでみても良いと思いますが、
・乾燥肌
・敏感肌
・ニキビや肌荒れをしている方
には低刺激のものを選ぶようにしましょう。

ピーリングの2大成分

AHA

AHAは、アルファヒドロキシ酸の略で、グリコール酸、リンゴ酸、乳酸、クエン酸などが成分です。果物やサトウキビ、発酵乳、ワインなどに含まれる天然成分で作られている酸なので、フルーツ酸とも呼ばれています。
天然成分で出来た酸なので、安全性が高いので、自宅で出来るピーリングの場合には、AHA配合のものが多いです。

BHA

BHAとは、ベータヒドロキシ酸の略で、サリチル酸マグロゴールやサリチル酸エタノールがあります。
サリチル酸マグロゴールは、角質に対して作用する為に皮膚科や美容皮膚科で使われることが多いピーリング剤です。
サリチル酸エタノールは、皮膚の奥の真皮まで作用することから、非常に強い浸透性があります。この為、日本人の肌には向いていないとされています。

市販のピーリングの種類

ジェルタイプ

ジェルタイプのピーリングは、酸の薬剤が入っているジェルのピーリングです。顔にのせているだけ、または、マッサージしてから洗い流します。

石鹸タイプ

石鹸タイプのピーリングは、ピーリング成分が石鹸の中に入っているモノです。石鹸を泡立てて、洗顔をすることで、ピーリング効果が得られます。

スクラブタイプ

スクラブタイプは、微細な粒々が入っているピーリングで、この粒によってお肌を削るようにして古い角質を取り除きます。
お肌への刺激が強いので、色素沈着などの原因になる事もあるので注意が必要です。

炭酸タイプ

炭酸が含まれたフォームのようなテクスチャーで、優しくマッサージし洗い流すだけで角質を落とすことができます。
炭酸の血行促進効果で、肌の内側からさらに肌のターンオーバーを促進し健康な肌も目指すことができます。

拭き取るタイプ

拭き取るタイプは、拭き取る時の刺激が肌に良くないです。拭き取る刺激を継続して行っていると、色素沈着により、肌にシミやくすみができる可能性があるので注意が必要です。

以上のことから、自宅ケアするにはAHA成分のもので「石鹸タイプ」「ジェルタイプ」「炭酸タイプ」がおすすめです。
この中でも特にオススメなのが、AHA成分の「炭酸タイプ」のものです。
先ほどの紹介でもいった通り、炭酸の血行促進効果で健康な肌作りができ、
低刺激で必要な角質を落としきらないという2つの効果が得られます。
あまり店頭などで見かけることは少ないと思いますが、初めてピーリングを始める人にはとてもおすすめです!
特に初めてピーリングを試す方は特に低刺激のものから試すようにしましょう。
低刺激のものを使って、角質の落ちがいまいちという場合から拭き取るタイプなどを試しましょう。

とっても重要!ピーリングの注意点

朝は使用しない!

朝は洗顔ではなくぬるま湯だけでもいいくらい、肌はとても敏感になっています。
必ず夜にしましょう。
朝にピーリングをして、肌がボロボロのまま一日を過ごすことになってしまうかもしれません。

ピーリングの使用頻度

「毎日」「3日に1回」「1週間に1回」と製品によって違いますが、
それはあくまでも目安です。
ニキビや肌荒れを起こしそう、または起こしているときは悪化させないためにも、
一旦使用をやめるか、間隔を大きくあけるようにしましょう。

ピーリングの使用時間

石鹸タイプやジェルタイプのピーリングは2~3分待ってから洗い流しましょう。
ただし製品によって成分の配合が違うので、説明を読んで指定された時間があればそれに沿った時間で行いましょう。
いつも通りの洗顔のようにすぐ洗い流してしまうと、効果の得られないまま終わってしまうかもしれません。

最後に保湿は必須!

ピーリングをすることで、肌が乾燥したり敏感肌になってしまったりと心配になる方も多いと思います。
それらはアフターケアとして、しっかり保湿をしてあげれば安心です。
化粧水だけでなく乳液、クリームなど普段から念入りにしている方はいつも通り行えば大丈夫です。

ピーリングを上手に活用して触れたくなるような、つるんとクリア素肌を目指しましょう!