「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

CCクリーム

肌荒れニキビ、お疲れ肌にこそCCクリームで優しくメイク

gahag-0112732863-1

季節の変わり目、疲れ・ストレスは肌トラブルの原因ということは有名ですね、
このようにお肌はとても変化に敏感で、誰しも一年で肌荒れ・ニキビを全くしない年があったなんてなかなかないと思います。

不安定な時期のお肌には、CCクリームがとてもおすすめです。

メーカーによっては違いますが、美容成分が多く含まれており、薄付きなので肌の負担が少ないアイテムです。

肌荒れやニキビのときにはどうしても、メイクで隠したいと思う方も多いと思います。
しかし、しっかりカバーするがゆえに、メイク中も負担がかかるとともに、メイクが残りがちになってしまいます。

だからといってガッツりカバーしたメイクをしっかり落とそうと、クレンジングや洗顔などゴシゴシしてしまうと、
なおさら悪化させてしまいかねません。

こういうときこそCCクリーム!

メーカーによって違いますが、スキンケア効果が他のベースメイクより高いことが特徴です。
さらに、薄付きなので肌への負担がさらに軽くなっています。
また、CCクリームならではである色補正効果で、気になる部分もカバーできます。

しかし逆に言うと、素肌感のある仕上がりになるのが特徴なので、赤ニキビなど色が濃く出ているものなど気にな部分は重ね塗りか、
一度ぬった後に、コンシーラーでカバーしましょう。

最後に軽くフェイスパウダーで全体を仕上げると、メイク崩れも防げます。
フェイスパウダーはベージュなど色付きのものを選ぶと負担なくカバーできると思います。

気持ちや、体力的には疲れはなくても、
季節の変わり目は、知らず知らずのうちにお肌はストレスを感じています。

なぜかというと、、、

1.急激な気温の変化

例えば冬から春に気温の上昇で皮脂の分泌が増え、ニキビができてしまったり。
秋に気温低くなっていくとともに、空気が乾燥し肌が乾燥してしまったり。
肌はとても敏感になっていますので、その変化がストレスとなってしまいます。
また、季節の変わり目に合ったスキンケアができていないと肌トラブルも悪化し長引いてしまいます。

2.大気のによる影響(ホコリ・花粉)

冬から春になると、花粉が気になる季節です。
くしゃみや鼻水、涙目に悩まされている方も少なくないのではないでしょうか。
実はそういった症状がでていない人でも、花粉が原因で肌荒れをおこしてしまう方もいらっしゃいます。
化粧水や乳液、美容液などを使ってしっかりスキンケアをしていても肌荒れが治らないという方は、花粉やホコリが原因かもしれません。
持っているスキンケア商品の成分を一度見てみましょう。
美容成分がたっぷり入っているものを肌荒れ時期に使うと、それも肌の負担になってしまいます。
こういう時期こそシンプルな成分のスキンケアをしましょう。

・美容液
・美白化粧品
・アンチエイジングに特化した化粧品

は肌に負担がかかるものなので、治るまで使用を控えるようにしましょう。

シンプルなスキンケアとシンプルなメイクで季節の変わり目を乗り切りましょう!