「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

美肌

上手く付きあえば美肌作りに!?女性ホルモンとお肌の関係とは?

美肌をつくるにはスキンケアも重要ですが、
女性ホルモンも大きな鍵を握っています。

大人ニキビ以外にも乾燥・シワも女性ホルモンとの関係が!

女性ホルモンの乱れでニキビや肌荒れを起こすということはよく聞きますよね。
他にも乾燥やシワが目立つ原因にも関係しているんだとか…

女性ホルモンの乱れは
過度なダイエット、ストレス・疲れが関係しています。
心当たりがある方は要注意!

2つのホルモンが肌にもたらす働きとは??

エストロゲン(卵胞ホルモン)

女性らしさをつかさどるホルモンと言われています。
お肌の角質層の水分を保持し、お肌の潤いを保つ働きがあります。
また肌のハリを保ち、たるみやシワの予防もしてくれます。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

早産、流産を防ぐ妊娠の為のホルモンです。皮脂の分泌を促進する働きがあります。
健康なお肌にとってある程度必要なものですが、皮脂の過剰分泌はニキビの原因になってしまうので、
プロゲステロンが多く分泌される排卵から生理までの時期は特にスキンケアに気を配った方が良いです。

ホルモンのバランスを正常にするには

心と身体を休める

過労やストレスとホルモンバランスの乱れは密接な関係にあります。
しっかり休息をとり、ぬるめのお湯に半身浴でゆっくり浸かる、アロマを焚いてリラックスしたり、
マッサージやストレッチ、ウォーキング等、軽い運動もオススメです。

ダイエットは一旦ストップ

過剰なダイエットは、ホルモンバランスを乱してしまう大きな原因に。
無月経や月経異常を引き起こしてしまします。
このように、異常を感じたらすぐにダイエットをストップしましょう。
規則正しい食生活を心がけてください。

早めに就寝

成長ホルモン等の多くのホルモンは睡眠中に作られます。
睡眠時間を大切にすることも重要です。セロトニンを増やし、自立神経を正常化するためにもなるべく早寝早起きを心がけましょう。