「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

シミ

普段からくすみやシミを予防する!日常生活で気を付けたいこと!

くすみやシミって年齢を重ねるごとに気になっていきますよね。
でも年齢に合わせて高級な化粧品を買えば、大丈夫でしょ!
と安心していませんか??

スキンケアに力を入れるのも大事ですが、
まずは日常生活でのちょっとした行動を見直していくことの方が大切だったりするんです!

ニキビはつぶさない

もうご存知の方も多いと思いますが、、、
ニキビをつぶしてしまうと、中の菌が肌に広がって新たなニキビの原因になるほか、後々跡になってシミにつながってしまうこともあります。
ニキビはつぶさないように気を付けましょう。クレンジングや洗顔を行うときには強く擦りすぎないようにして洗いましょう。

寝る前にはメイクを必ず落とす!

仕事で遅く疲れて帰ったから、メイクをしたまま寝ちゃった。
なんてことしてませんか??
寝ている間にメイクの化学成分や日中肌についた汚れなどが顔についたままになると、毛穴に詰まって色素沈着を起こしたり、肌荒れの原因となってしまいます。

クレンジングシートがあれば手軽に素早く落とせるので、お家にい一つあると便利でしょう。

クレンジングや洗顔時は肌を強くこすらない

メイクやお肌の汚れをしっかり落とそうと、気づけば肌を強くこすっていませんか?
肌への摩擦はシミやシワの原因になってしまいます。
しっかり落とそうとするあまり、肌に必要な皮脂まで落としてしまい乾燥を引き起こしてしまうことも…
クレンジングは洗浄力の強いもの程なるべく手早く優しく落とすようにしましょう。
洗顔はたっぷりの泡で優しく、手で洗うのではなく、泡で洗うように優しく洗顔しましょう。

血行を良くする

肌のくすみやシミの原因は、体の血行不良が原因になっている場合があります。
これを防ぐためには、スポーツやウォーキングをしたり、家事を積極的に行ったりと体を動かす機会を増やすことが重要です。
ストレッチやマッサージでも良いので、普段から血行を促進できるように意識して生活をするとよいでしょう。

また、運動で体を動かし汗をかくことで、毛穴の詰まりを解消したり、ホルモンバランスを整えたりすることもできるので、より美肌へ近づくことが出来ます。

メイク道具を洗う

メイクブラシやスポンジを定期的に洗っていますか??
実はメイク道具はバクテリアの住みかになりやすい場所なのです。
一週間に1度は洗わないと、肌荒れの原因になってしまいます。
もしかしたら肌荒れの原因を毎日塗りたくっているかもしれませんよ!

道具は石鹸でキレイに洗い、よく乾かしてから使うようにしましょう。
同じように肌に触れる機会の多い寝具やタオル類もつねに清潔にしておきましょう。

スマホもキレイに!

電話をするときに顔がくっついたり、指で触ったりする携帯やスマホ。
こちらも実はバクテリアがたくさん。
日に何回か抗菌効果のあるウェットティッシュなどで画面をふく習慣をつけるのがおすすめです。

熱いお湯は気をつける

一日の終わりは熱いシャワーやお風呂!
これがなによりのリラックス法だ!
という方もいらっしゃるのでは??

しかし、熱すぎるお湯は肌の潤いを守る皮脂を落としすぎてしまい、乾燥を引き起こします。
さらに怖いことに、肌が軽いやけどを負った状態になって、その赤みが年齢を重ねるごとに沈着していきます。
肌に負担をかけない為には、37~40℃程度のお湯がベストです。

紫外線から守る

紫外線が肌へ与える影響は多くの方がご存じでしょう。
日焼けがシミになることももちろんのこと、紫外線は肌を酸化させ老化を進めてしまう原因にもなってしまいます。
外出時はもちろんのこと、窓から光が入りやすい家にお住まいであれば、室内でも日焼け対策をしておいた方がベターです。

睡眠時間を確保する

不眠が続くと体の代謝レベルが落ち、老廃物が溜まり、肌荒れの原因となって表れてきてしまいます。
一日の疲れは、寝ることで癒されます。
外界のストレスにさらされてダメージを受けた細胞も睡眠によって修復されるので、美肌を目指すなら睡眠時間は確保するようにしましょう。

食べ物に気を付ける

ジャンクフードがお肌や健康にも良くないのは当たり前ですが、糖分が多いものを食べ過ぎるのもNG!
肌荒れの原因になってしまいます。
ジャンクフードや甘いものの代わりに、
緑茶やほうれん草、赤パプリカ、鮭、ニンジン、セロリ、ダークチョコレートなどを食べるようにしましょう。
体の中からもお肌をキレイにしできるよう、食べ物も気を付けましょう。