「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

美肌

秋の味覚はおいしいだけじゃない!これを読めば絶対食べたくなっちゃう!??

秋に旬を迎える食材には栄養たっぷり美容効果もたくさん期待できるんです!
おいしく食べれてキレイになれるなんて最高ですよね!!

イチジク

イチジクは7~10月に旬を迎えます。
中でも秋頃に収穫されるものが美味しいと言われています。
食物繊維が豊富で、整腸作用、美肌効果が期待されると言われれています。
また、タンパク質分解酵素であるフィシンが含まれているので、
食後のデザートにピッタリです。

「柿が赤くなれば、医者が青くなる」
と言われるほど栄養がぎっしり詰まった秋の味覚です。
β-カロテン、カリウムや食物繊維が豊富に含まれています。
ビタミンCは1個で1日分の量を摂ることが出来ます。
二日酔いに効果的なタンニンが含まれており、アルコールを体外へ排出する助けをしてくれます。

秋になると栗を使ったスイーツもお店に並びますよね!
豊富に含まれるビタミンB1は、エネルギー代謝をサポートしてくれます。
また、カリウムはむくみ予防に、食物繊維はお通じの改善に役立ちます。

さつまいも

加熱すると甘くなるため、高カロリーに思われがちですが、甘みを感じやすくなっただけでカロリーは変わりません。
さつまいもといえば腸をキレイにしてくれる食物繊維が豊富なのが有名ですが、カリウム、ビタミンやポリフェノールも豊富です。

食物繊維とヤラピン…ヤラピンは、腸内活動を活性化する働きがあり、便秘解消や解毒作用もあります。
また、さつまいもの食物繊維と相乗効果で腸内に存在する善玉菌を増やし悪玉菌や毒素を吸着して排泄する働きが増します。
そのため、エイジングケアやニキビ、肌荒れにも効果が期待できると言われています。

ビタミンCとビタミンE…さつまいもには、リンゴの6倍以上のビタミンCが含まれています。さらに、抗酸化作用をもつビタミンEも非常に多く含まれています。

ポリフェノール…さつまいもの皮には、クロロゲン酸というポリフェノール成分が含まれています。
ポリフェノールは抗酸化作用があるので、皮も残さず食べましょう。

さんま

美肌に欠かせない栄養素ビタミンが豊富に含まれており、特にビタミンBが多く含まれています。
鉄分不足はシワ・シミの原因になります。鉄分はコラーゲンを作る上で重要な栄養素で、コラーゲンの吸収を促す働きがあります。

さらにその他には、

EPAやDHA…これらは必須脂肪酸で血行を促進する効果があります。血行が良くなると、肌のキメ、肌荒れ、くすみ等の悩みを改善してくれます。またDHAには、老廃物の排出を促し、善玉コレステロールを増やす働きもあり、肌の老化を防ぐだけでなく、脳のアンチエイジング効果も期待できます。

レチノール…さんまのわた部分にはレチノールという栄養素が多く含まれています。
新しい細胞の形成を促す作用を持っており、肌の乾燥とシワの予防改善に役立ちます。
コラーゲンを増やす効果もあるので、わたも残さず食べましょう。