「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

美肌

飲まない人も必見。日本酒を取り入れたスキンケアが肌にいい理由

最近じわじわ増えてきている日本酒を使ったスキンケア。
数年前より目にすることが多くなったと思いませんか?

昔から、日本酒を造る職人の手はきれいと言われてきましたが、
一体何がいいのでしょうか?
 

実は日本酒は圧倒的にアミノ酸が豊富

アミノ酸はコラーゲンをはじめとした肌を構成するタンパク質の原料。

日本酒にはグルタミン酸やアラニン、ロイシン、アルギニンなど、多くのアミノ酸が
バランスよく含まれています。

また、肌の角質層に含まれる天然保湿因子の主成分もアミノ酸であり、まさにお肌には欠かせない”美肌の素”ともいえるでしょう。
 

日本酒ならなんでもいいの?


日本酒は大きく分けて、醸造アルコールを添加した「本醸造タイプ」と
醸造アルコールを添加しない「純米酒タイプ」があります。

そして肌にいいとされるのは醸造アルコールを添加していない純米酒。
水とお米と麹だけで造られる純米酒の方がアミノ酸が豊富に含まれているのです。

 

日本酒をそのまま塗ってもいいの?


結論からいうとあまりおすすめではありません。
というのも原液をそのまま顔に付けると、肌が弱い人にとっては逆に肌荒れを起こしかねません。
また強い人でも目にしみる、匂いがきついと感じることが多いでしょう。

最近では日本酒を取り入れた様々なスキンケアアイテムが発売されているので
自分に合ったものを選んで取り入れていきましょう。