「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

CCクリーム

肌のくすみって何? どうにもならない時のCCクリーム頼み!

dullskintone-1

女性がお肌の悩みを語る時、シミ・シワと並んでよく出てくるワードが「くすみ」。でもこのくすみって、一体なに? とは思いませんか。

日焼けで今だけ黒くなったのとはちょっと違うし、かゆみはないから肌荒れとも言えないし……。というわけで、くすみの正体とその解決策をご説明していきます!

くすみにもタイプが

くすみ、と一口に言っても原因にはそれぞれタイプがあるんです。まずはそのタイプを挙げます。

1:血行不良な青くすみ
2:色素沈着メラニンくすみ
3:角質残りの汚れくすみ
4:糖化した黄くすみ

血行不良タイプ

肩こりや冷え性がひどく、青クマがとれない方はこちら。「顔にまで充分血流が行き届いていない」=「顔の肌細胞にまで栄養が届いていない」というタイプ。こういう方は頭皮まで固まっているため、マッサージが有効です!

朝夜(朝はメイク前に)、クリームで指を滑らせながら目回りやフェイスラインをマッサージ。両手指の腹で頭皮マッサージをするのもオススメです。

色素沈着メラニンくすみ

過去の日焼けダメージが蓄積されて、肌奥に作られたメラニン色素がうまく剥がれていかなかったタイプ。これはもう、美白アイテムに頼るしかありません! 手軽に取り入れるならビタミンC誘導体入の化粧水が基本ですね。食事はビタミンAやCを意識して!

角質残りの汚れくすみ

これはターンオーバー(新陳代謝)がうまく出来ていないということ。本来はお肌の奥層で作られた新しい細胞が上に上がってきて、最終的にアカとして剥がれるんですが……。ピーリング剤で(やさしく)古い角質細胞を取り除き、汚れを一掃しましょう。専門医で行う際は、カウンセリングをしっかり受けてね。

糖化した黄くすみ

糖化とは、食事から摂取した「糖」と体内のタンパク質が結びついて、「糖化生成物AGE」を作り出すこと。これはお肌の老化のみならず、全身の健康を損なってしまう恐ろしい毒性のある物質です。

血糖値が高めの人に当てはまるので、当然ですが食事内容からの見直しを! 健康のためにも、甘いものや炭水化物は控えるようにしてくださいね。
※一度糖化すると元には戻らないため、黄くすみが強い場合は専門医にご相談ください。

光をつかってくすみを飛ばす

dullskintone-2

くすみの原因は分かりましたか? でも原因が分かったとしても、すぐに改善されるなんてことはないですよね。そんな時こそCCクリームの登場です!

CCクリームは光をつかってくすみも色ムラも飛ばしてくれるから、肌の調子が悪いから出かけたくないな……、なんてネガティブな朝でも大丈夫。

生活習慣を見なおして内側から健康的になりつつも、最強の美容ファンデ「CCクリーム」で見せたくないものはナチュラルにカバー。それが大人のキレイの新常識ですよ!