「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

CCクリーム

買う前に知っておきたいCCクリームの使い方

買う前に知っておきたいCCクリームの使い方

BBクリームにかわり、現在人気なのがCCクリーム。何が違うの?と思っている方も多いと思います。そこで、CCクリームを買う前に知っておきたいことを調べてみました!

CCクリームってなに?

CCクリームは、BBクリーム人気から開発されたもので元々医療現場で使用されていたBBクリームとは違い、メイクアップのためのクリームと言われています。肌補正力重視のBBクリームよりも、サラッとしたテクスチャーで自然な肌質仕上げになる、いわば下地クリーム要素が強いのがCCクリームです。

CCクリームの正式名称は各メーカーによってさまざまであり、カラーコンディションクリーム、コントロールカラークリーム、コンプリートコレクションクリームなど色々な名がついていますので、正式名称がコレというものはなさそうです。

CCクリームの効果とは

BBクリームは元々美容施術後に肌を守り傷跡をカバーするために作られたものです。要するに肌をカバーするところを重視されていたため、ファンデーションに近いと考えられます。またカバー重視のため、マット感要素が押し出されて“強く塗っている感“が出がちでした。つまりファンデーションとも違い、しっかり塗っていますという感じになってしまうところがありました。

逆にCCクリームは肌の欠点をカモフラージュしながらトーンアップをし、肌にうるおいを与えつつカバーをしてくれ、色ムラを消し透明感のあるキレイな肌に見せてくれます。BBクリームとは違い、ナチュラルさが重視されているところが大いに違うポイントです。塗っている感も強くならず、BBクリームほど主張もしませんのでメイクをするさまざまな方の用途によって使用できるという点もあります。メイク下地として、お休みの日のナチュラルメークとして、ファンデーションやコンシーラー代わりとしてなど、その人の使い方次第で色々な使用が可能です。したがって、ナチュラルに仕上がる時間短縮メイクのアイテムとしても注目をされ人気です。

CCクリームの効果とは

CCクリームの選び方

では、実際にどういったCCクリームを選べばいいのかということが大事ですね!
用途によって選び方は変わってきますが、注意しておきたい点をまとめてみました。

1. 日焼け止め効果も欲しい方はSPFをチェックしましょう
物によってはSPFを重視しているものもあれば、そうでないものもあります。
色々調べてみると日焼け止めとしての効果をうたっているものもありますが、全部が全部そうではありませんので、必ずご自身でSPFの数値を確認をしてください。

2. 自分の肌トーンと合っているかどうか
1つの種類から何色か展開しているものもあれば、コントロールカラー的要素で1色発売のものもあります。自分のお肌の色味と合わせて購入をしないと、首から下の色が変わってしまったりと、ナチュラルメイクは成り立ちませんので、ご自分の肌色トーンと合っているかどうかもチェックしましょう。

3. どの用途に使用したいかを再確認し選びましょう
商品によって、さまざまな用途が可能なのがCCクリーム。保湿効果やUVカット効果、コントロールカラーとしての使用やエイジングケア、美容液の配合成分が何なのかなど、ご自身が使いたい使用方法によって、商品の特徴も比較しましょう。色補正効果はあるけれども保湿成分は全くないものや、トーンアップは出来るけどUV効果はないなど、色々あるので、自分に合うものを探すことが大事です。

CCクリームの選び方

今や種類が豊富なCCクリーム。色んなタイプのものがあるのでお好きなものが見つかるはずです♪気になるものからチェックをし、自分の理想のお肌に近づけてくれるものを是非見つけてみてください。