「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

コンシーラー

お悩み別コンシーラーのカラーの選び方!

コンシーラーにしても、赤みが強いものや明るいカラーのもの、暗めなカラーと色々ありますよね。
実は肌のお悩み別にピッタリなカラーはあるのです!

クマには…?

茶クマにはイエロー系やベージュ系のコンシーラー
青クマには、オレンジ系のコンシーラー

がピッタリです!
また、目元は動きが多い部分で乾燥しやすい箇所なので、固めのテクスチャーより、
緩めのテクスチャーがおすすめです!

しみ・そばかすには…?

自分より少しだけ暗めの色を選びましょう。
明るいカラーで隠してしまうと逆にシミ部分と普通の肌色との差がはっきりしてしまい目立ちの原因に…
使用するファンデーションのカラーとの相性も見つつ、少し暗めのカラーを選ぶと良いでしょう。

ニキビ・ニキビ跡

ニキビ・ニキビ跡の赤みを抑えてくれるのは緑色、そこまで赤みが強くなければ、イエロー系やベージュ系がおすすめです。自分と同じ肌色か、少し明るめのカラーで選んでみてください。

小鼻の赤み

赤みがそこまで強くなければ、イエロー系やベージュ系のコンシーラーがおすすめ。
小鼻は皮脂が出やすく、ヨレやすい部分なので無理にファンデーションでカバーするのではなく、
筆やチップタイプ等の油分が少な目なコンシーラーでカバーするのがおすすめです。

ハイライトに

ファンデーションを塗った後に、明るめのコンシーラーを重ねることでハイライト効果を得ることが出来ます。
頬骨やTゾーンやCゾーン等立体感を出したい場所に重ねましょう。
厚塗りになりヨレの原因をつくってしまわない為にも、薄付きでリキッドタイプのものがおすすめです。

どうでしたか?
コンシーラー選びに悩んだときにはぜひ、参考にしてみて下さい。