「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

ダイエット

気が付けば足を組んでいませんか?姿勢矯正ダイエット!

姿勢が悪いと、見た目も悪いだけでなく、実は太りやすくなるとも言われています!
座りっぱなしのデスクワーク中に、気づけば足を組んでいたり、立っていても体の片方に重心をおいてしまうなどの癖がありませんか??

姿勢が悪くなると筋肉を使わなくなる

一度意識して姿勢を良くしてみてください。
背筋や腹筋、足や肩など様々な場所の筋肉に力が入っていることがわかると思います。
逆に力を抜いて猫背になるとこうした姿勢を保つ力が要らないので「楽だ!」と感じるはずです。

力が入っていないということは、筋肉を使っていないということです!体の中でも、お腹周りといった筋肉を日常的に使わない部分は、他と比べて代謝が悪く、姿勢が悪いとさらに脂肪がつきやすくなってしまいます。

骨盤のゆがみはポッコリお腹の原因

骨盤は上半身と下半身をつなぐ重要な骨です。内蔵を下から支えるという役割もあるので、骨盤がゆがむと支えきれなくなった内蔵が徐々に下腹部に下がってしまいます。そうしてお腹がぽっこり出てしまいます。

さらに、血液やリンパの流れが悪くなるので、老廃物がたまり、むくみやすい体になってしまいます。
これらはお腹や太もも周りでセルライトの原因になることもあります。

正しい姿勢で座る

①足が床にしっかりつく椅子に浅めに座る

②骨盤をアーチを描くイメージで立たせ、その状態をキープしましょう。

③両ひざは開かないようにつけて、L字型を保つように意識しましょう。

骨盤を立たせると自然に背筋がまっすぐのびます。
状態が前後に傾かないよう、お腹に力をいれましょう。
足もしっかり形を保つようにすると、内転筋などの足の筋肉を鍛えることが出来ます。

正しい姿勢で立つ

①頭を上に引っ張られているようなイメージで背筋を伸ばし、あごを引きましょう。

②骨盤を立てるイメージでお腹に力を入れ、お尻をきゅっと締める。

③横から見た時に、首の付け根から肩・ひじ・くるぶしの位置が一直線になるように意識しましょう。

④つま先に重心を置き、ひざとかかとはできるだけくっつけましょう。

今からでも始められるものですし、姿勢が良くなることでスタイルも良く見えるようになるので、
普段から取り入れてみてはどうでしょうか??