「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

ファンデーション

化粧持ちUP!自分の肌質に合ったファンデーション選びできていますか?

lgf01a201412261300

お化粧崩れや、ニキビなどの肌トラブル。
お化粧前の保湿やスキンケアをしっかりしているのに何故だろうと、お悩みの方も少なくないと思います。
それは自分の肌に合ったファンデーションを選べてないことが原因だったりします。

また、季節によって肌の状態は人それぞれ変化するので
この機会に、自分の肌質とファンデーションを改めて見直してみてはどうでしょう?

普通肌

トラブルなく正常な肌のため、どのファンデーションを使用してもOKです。
ツヤを重視するならクリームファンデーションや今話題のクッションファンデーション、
マットな肌ならパウダーファンデーションなど仕上がりの好みに合わせて選んでみると良いでしょう。

乾燥肌

乾燥肌には油分が含まれているリキッドファンデーションかクリームファンデーションがオススメです。
適度に油分が含まれていることで、肌の乾燥をカバーしてくれるでしょう。
仕上がりのべたつきが気になる場合は、上からルースパウダーで押さえましょう。

混合肌

混合肌は、見極めが非常に難しくもあります。
Tゾーンなど皮脂分泌が多い部分にはパウダータイプを薄づきで使い、
フェイスラインや目元口元など乾燥しやすい部分にはリキッドタイプを使って
上から大きめのブラシでフェイスパウダーをのせるなど、部分によって使い分けるとよいでしょう。

脂性肌

パウダーファンデーション、ミネラルファンデーションがオススメです。
パウダー系のファンデーションは余分な油分をパウダーが吸収してくれるので、脂性肌の方に適しています。

敏感肌

敏感肌の方の中には、「ファンデーションは肌に良くない」と日焼け止めのみを使用する方もいますが、
肌への負担が大きいのでファンデーションで紫外線から守りましょう。
特に肌に優しい「ミネラルファンデーション」がオススメです。
「リキッド」「クリーム」のファンデーションはカバー力がありますが、洗顔で落ちず肌への負担も大きいので
「パウダー」タイプのファンデーションがオススメです。

自分の肌質に合ったファンデーションを使い、
ベースメイクをキレイに仕上げて顔全体の印象をさらにUPさせましょう!