「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

ヘア

見た目も老けてみえる「ぺたんこ髪」の直し方!

「ぺたんこ髪」は薄毛に見えてしまい、老けて見えてしまいがちです。
朝にしっかりブローをしたのに、午後にはぺったり…
髪質だから仕方ないと諦めていませんか?

洗浄力の強いシャンプーをやめる

シャンプーには洗濯物を洗う洗剤などにも含まれているものと同様の「界面活性剤」という洗浄剤が含まれています。
含まれている洗浄剤の洗浄力が強いものだと、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。そうすると頭皮が乾燥状態になり、それを防ぐために多くの皮脂が分泌されるという悪循環が繰り返されてしまい、頭皮環境が悪化してしまうのです。
悪い頭皮環境は髪のハリやコシをなくしてしまいます。
そうしてボリュームの少ない「ぺたんこ髪」になってしまうのです。

硫化系洗浄剤は要注意です。使用しているシャンプーに硫酸という文字がついている成分表記があれば、すぐにでもやめておいた方が良いでしょう。

ブラッシングを丁寧に

ハリやコシのある元気な髪になるには、適度な水分と皮脂、さらに栄養が必要です。
トリートメントやヘアパックはしているのに、基本的な「ブラッシング」を怠っている人も多いのでは??
ブラッシングは絡んだ髪をほぐし、ホコリやフケを取り除き、髪を清潔にするという効果の他、頭皮に刺激を与え、血流をアップさせることで、頭皮にしっかり栄養を届けるという重要な働きをしてくれます。
日頃から、ブラッシングも意識して行えるとよいですね。

髪の乾かし方

ドライヤーで髪を乾かす際は、うろこ状のキューティクルの向きに逆らわないことが重要です。
上から下方向に乾かしましょう。
またブローするときは、正面をむいてではなくお辞儀の姿勢でドライヤーを髪の後方から当てると、かなりボリュームを作ることが出来ます。

但し、特に高温でのドライヤーは髪にダメージを与えてしまうので、適度に冷風を混ぜながら、長時間かかってしまわないようにドライヤーをしましょう。