「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

ハイライト

クリームハイライトを使って、ワンランク上の立体顔を作る!

広い部分も、細かい部分も手軽にハイライトを入れやすいのがクリームハイライト。
クリームだからと肌の上でベタベタすることなく、サラサラとした仕上がりにできるような、
使いやすいプチプラのハイライトも出ています。

今回はこんなに使いやすく、簡単に作り込んだ顔演出できるクリームハイライトの魅力をご紹介!

カラーの選び方

ホワイト…少量で強い効果が得られる。部分によってはハイライトの印象が強くなってしまうカラー。
ベージュ…顔のどの部分でも馴染みが良く、普段使いにも◎しっかりハイライト効果が欲しい方には物足りないと感じる場合も。
ピンク…血色がよく見えるカラー。ブルーベースの人に特にオススメ。チークの上から重ねても◎
パープル…クスミを飛ばしたい場所に使うのがオススメ。透明感のある仕上りに。
ゴールド…イエローベースの方にオススメ。華やかで、健康的な印象に。

クリームハイライトの使う順番

基本的には同じテクスチャの上に重ねるのが、オススメです。

■下地(クリーム/リキッド)コンシーラー(クリーム/リキッド)パウダーファンデーションコンシーラーの後に

■下地(クリーム/リキッド)コンシーラー(クリーム/リキッド)リキッドファンデーションフェイスパウダーリキッドファンデーションの後に

クリームハイライトでツヤ肌を演出したい場合、上からパウダーを重ねてしまうとせっかくのツヤがもったいないので、パウダー上に重ねてもヨレたりしない、サラサラとした使用感のクリ―ムハイライトを選ぶのがおすすめです。

ハイライトを使う部分と得られる効果

眉下…眉尻下あたりにハイライトを入れると眉全体が高く、堀深く見えます。また、目元が引きしまり、目の印象が明るく見えます。

目頭…目元が引き締まり、白目が大きく見え目が覚めたような印象に。

鼻筋(Tゾーン)…眉間から鼻筋までにハイライトを細く入れると鼻筋が通り、鼻が高く見えます。鼻筋全体に広く入れてしまうと、鼻が大きく見えてしまう上テカリに見えてしまうので気を付けましょう。鼻先に小さな円のように入れると可愛い印象に。眉間から鼻先と目の間まで入れると大人っぽい印象に。

頬の上(Cゾーン)…頬の上から目尻辺りまでハイライトを入れると、肌にツヤと透明感が加わります。頬、目元が上がって見えるので、リフトアップしたように見せることが出来ます。

唇の上…上唇の山に少しハイライトをのせると、唇がふっくらして見えます。唇のボリュームがあるように見せたい方にもオススメです。また、口角の部分にのせると口角が上がって見えるので明るい印象になります。

…顎先にのせると顔がほっそりと引き締まって見えます。広範囲に入れ過ぎてしまうと顎が大きく見えてしまうので注意しましょう。