「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

オーラルケア

コーヒーやチョコレートが好きな人は要注意!いつの間にか歯が着色してしまう前に悪習慣を直す

誰もが憧れる真っ白い歯。
コーヒーや紅茶、喫煙者の方はタバコ等々…
歯が着色しやすくなるとわかってはいても我慢ばかりじゃ毎日辛いですよね。

今回は歯の着色の原因とその予防について。
 

そもそも歯が着色する原因とは
歯が着色するのには様々な原因があります。
1.ステイン

ステインとは歯の着色汚れのこと。
コーヒーや紅茶、赤ワイン、カレー、チョコレート、緑茶など色素の強い食べ物がステインの元になります。
これらの嗜好品を特によく食べるという人は要注意です。

2.タバコに含まれているヤニ
タバコに含まれているヤニは歯の着色だけでなく、歯肉の色素沈着の原因にもなります。

3.歯垢
歯垢や歯石が溜まった歯は黄白色に見えてしまいます。

4.加齢
個人差はありますが、年を重ねるにつれて歯の色は黄褐色に変色していきます。

5.歯の神経の死滅
外傷などにより歯の神経が死滅してしまっていると、その歯には十分な栄養が行き届かず
少しずつ茶色く変色してしまいます。
 

自宅でできるケアと注意点

磨きすぎはNG!?


歯の着色が気になる人の中には「磨けば磨くほどいいのでは…?」と思っている人もいると思います。
しかし実は歯の磨きすぎが逆効果になるおそれもあるのです。
ブラッシングの力が強すぎると歯の表面に傷がつき、汚れが余計に付きやすい歯になってしまいます。
適度な力加減で1本1本丁寧に磨くことが大切なのです。
 

ステイン除去用の歯磨き粉

コーヒー、紅茶などの嗜好品をよく食べるという人はステイン除去用の歯磨き粉を。
ステインを落とす成分が含まれているので毎日のブラッシングに用いることで変色の予防になります。
 

ズボラはダメ!正しい歯磨きを習慣づける

着色がひどくなってくると歯科医でのホワイトニングなどのケアが必要になってきて、
お金も時間も一層かかってしまいます。
そうなってしまう前に日ごろから正しい歯磨きを習慣づけましょう。
疲れて夜遅くに帰ってそのまま寝てしまう…なんてことがないよう、一生使う歯のためにしっかりと毎日ケアを行いましょう。