「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

アイシャドウ

【おさらい】意外と忘れがち!?アイシャドウの基本の塗り方!

基本①「アイホール」の範囲を知る

アイシャドウを塗る基本の範囲は、アイホールと呼ばれる「目頭」と「目尻」を半円状に囲んだ部分です。

自分のアイホールがよくわからないという方は、眉の中央を上に引き上げてみましょう。
その時にくぼむ部分があるのですが、その部分までが眼球と骨の境目であり「アイホール」と呼ばれる場所です。
この範囲にアイシャドウを塗ると、アイメイクのバランスが良く仕上がるので必ず知っておきたいことです。

基本②アイシャドウパレットの役割を知る

アイシャドウパレットは単色のものもあれば、瞳の奥行き感を出すために必要なカラー数が何色か入っているものもあります。
それぞれのカラーの役割を知り、最大限にいかせるようにしましょう。

ハイライトカラー>
まぶた全体に透明感を与えて目元に明るさとツヤを与える光沢感のあるカラーをハイライトカラーと言います。
細かいラメやパールの入っていると、次にのせるカラーがより艶めき発色の良い仕上がりになります。

ミディアムカラー>
メインカラーよりも薄い色みで目の縁から上にかけてグラデーションをつくることで、違和感なく自然に仕上げることが出来ます。

メインカラー>
目元を引き締めてくれる一番濃い色です。目の際や二重幅に入れることで目を印象的にしてくれます。
より堀の深い目元に見せてくれたりもします。

アイシャドウの塗り方

①ハイライトカラーを指先もしくは、ブラシやチップで取ります。

②アイホール全体にハイライトカラーをのせて、まぶたのくすみをカバーします。

③ミディアムカラーを目の際から横に塗りながら上に向かってなじませると、きれいなグラデーションができます。
範囲は二重幅に重ねるくらいの範囲を目安に塗っていきましょう。

④メインカラーを上まぶたの際に引いていくように、細くのせていきます。

⑤より自然な仕上がりになうようにメインカラーをアイホールに向かって、ぼかしていきましょう。
このとき、ブラシかチップでぼかしていくとキレイに仕上がります。

⑥ミディアムカラーとハイライトカラーの境目をブラシで上に向かってぼかすか、
それでも上手くいかない場合には、ハイライトカラーを少量ブラシに取ってからぼかすと
よりグラデーションを綺麗に仕上げることもできます。

<ワンポイントアドバイス>
カラーがあまりついていないラメ感や強いアイシャドウがあれば、
それを黒目の上まぶたに最後に重ねると立体感が生まれ、うるっとした目に見せることもできます。