「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

チーク

流行りもいいけど、、自分の輪郭に合ったチークの入れ方を知っていますか?

model-woman-1082219_1280

近年は目の下など高めの位置にチークを入れるのが流行っていますよね。
しかし、オシャレの為と試してみても、人それぞれ顔立ちが違いますから、
どうも自分にはしっくりこないという方もいるのではないでしょうか?

自分の輪郭に合ったチークの付け方ができると、コンプレックスもカバーできたり、
よりこなれた印象を持たせることができたりしますよ。

丸顔さんには狭めシャープチーク

幼く見られがちな丸顔さんには、斜めにシャープなチークがオススメ。
幅を細目に入れるのもポイントです。
すらっとした顔に見える効果があります。
高めの位置のチークも似合いますよ!

面長さんには内チーク

面長さんはなるべく内側を意識したチークの入れ方がオススメ。
少し横長の楕円形を描くように
チークの位置を変えるだけで、顔のバランスが良くなります。
さらに少し低めのチークがおすすめです!
位置を高くしすぎると顔が長く見えてしまう危険があります。

逆三角にはふんわりチーク

逆三角さんにはふんわり丸いチークがオススメ。
少し下の方につけると輪郭のシャープさを緩めて、柔らかくて可愛い印象になります!
顔立ちがキツくなってしまうのを防ぐことができます。

えらはりさんには頬骨チーク

えらはりさんは頬骨にチークがオススメ。
男っぽくみられないように、チークで女の子らしい印象をゲットしましょう!
そうすればキレイ系に大変身できます。