「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

アイライナー

アイメイクの締めには必須!タイプ別アイラインの引き方!

gahag-0073977289-1

目元の印象を決めるのはマスカラやアイシャドウはもちろんですが、やはり締めのアイラインは重要です!

アイラインの効果とは?

瞳をくっきりみせる

アイラインを引く事で、瞳の周りの印象がはっきりし、彫りが浅い日本人のにはとても重要な役割を果たしてくれます。

まつげが沢山あるようにみせられる

アイシャドウをつけた後に、濃い色でまつげの位置に書くものなので、間が埋まり、まつげを多く長く見せる効果があります。そのため、まつげが少ないまたは短いとお悩みの方はアイラインの引き方をマスターすれば、それらの悩みをカバーすることが出来ます!

そんなアイラインですが、
人それぞれ目のタイプも違いますから、アイラインの引き方もタイプに合わせて引かなくてはメイク初心者の様な仕上がりになってしまいかねません。
今回は、自分の目にあったアイラインの引き方をマスターして魅力的な目元をつくってみましょう!

一重

一重の方は太く引きすぎても細く引きすぎてもいけません。わざとらしいメイク感がでてしまったり、かといってまぶたにラインが隠れてしまったりと気をつけて引く必要があります。
まずは、まつげの間を埋めましょう。その後上から自然とまぶたのふちに綺麗にラインが入っているのが見える程度にラインの太さを研究しましよう。
ラインが目立つリキッドより、ぼかしが効くペンシルやジェルがおすすめです。

二重

もともと目が大きく見えるために、派手に強調する必要はもありません。
ブラウンなどの柔らかい印象のでるカラーで尚かつペンシルでラインを描いてグラデーションを作れば自然でナチュラルなデカ目効果が得られます。
メイクがしやすい二重タイプは様々なアイライナーを使用することが出来ます。
自分のなりたい印象に合わせてアイメイクを研究し、楽しみましょう!

奥二重

このタイプはメイクをするのが難しいと言われがちですが、メイクの仕方をマスターすれば、目に深みを出して一気に大きく見せることも出来ます。まつげの間を埋めることはもちろん、まつげのふちに細めのラインを綺麗に引くことがポイントです。
アイラインだけでなく、ブラウン系のアイシャドウなどナチュラルなカラーのグラデーションを作ることで更に、目が大きく見せることが出来ます。

アイラインを上手に引く事がいう方も少なくないと思います。
自分の目にあった引き方さえマスターすれば、思い通りのアイメイクを楽しむことが出来ます。