「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

シミ

夏肌のダメージはアフターケアが最重要!

夏はなんといっても紫外線による肌のダメージが心配ですよね。
海やプール、BBQなどアクティブに外で過ごす機会が多くなるぶん、シミやシワが気になります。。。

紫外線はDNAレベルで肌を傷つける!?

紫外線の肌へのダメージは深く、ターンオーバーは乱れやすくなってしまいます。
そうすることで、どんどん古い細胞がたまり、肌のゴワつきやくすみの原因になるのです。
さらに、汗を拭くことで、肌の天然保湿成分のセラミドが奪われ、こちらも肌のダメージの原因になります。
かといって汗をかいたまま放っておくと、肌の植えて結晶化した塩分やミネラルが肌を傷つけてしまいます。
極めつけは、暑い屋外で汗をかいて屋内に戻れば、エアコンの効いた室内により、肌の水分は奪われ、冷えで血の巡りが悪くなり、肌へ栄養や水分が行きわたらなくなってしまいます。

こんな大変な夏、
どうケアして乗りきればよいのでしょうか!!?

まずは角質ケアで、潤いの受け入れ準備

夏の刺激を防ごうと分厚い角質で防御モードになっている肌は、すぐにお手入れを受け付けてくれません。
まずは、肌が覆っている角質を脱がせてあげるケアが必要です。
ゴマージュやピーリングが効果的。
触ったときに、ゴワつきやざらつきが気になるならゴマージュ、くすみが気になるならピーリングでケアしてあげましょう。

使うときには、できるだけ刺激とならないよう、ゴマージュは摩擦を避けて押すように、
ピーリングは蒸気やお湯でお肌を緩めてからソフトなタッチで行いましょう。

他には、導入美容液を使用するのもおすすめです。

2種類の化粧水で、お肌の奥からふっくら潤わせる

潤いの受け入れ準備ができれば、次はたっぷりの化粧水で潤いを届けてあげましょう。
浸透性の高い、軽い質感の化粧水で水分の通り道を作ります。
その後に、保水力の高いとろみのある化粧水で肌の潤いを持続させるようにしましょう。

このように細胞を芯からふっくら潤わせることで、ダメージの受けにくい強い肌の土台作りをするのです。
クリームや乳液で油分を与える前の、この潤いの工程こそ夏ダメ―ジの回復のポイントになってきます。

優しい角質ケアと2種類の化粧水使いの保湿ケアで
この夏を乗り切りましょう!