「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

シミ

気になるシミの原因メラニンとは??

シミといっても、いくつか種類があります。

メラニンの役割とは

細胞の中にある核が紫外線にあたると、核の中にあるDNAが破壊されたり、変異して、細胞が死んだり皮膚がんを起こしたりします。
それを防ぐために、表皮の一番下にあるメラノサイトは、メラニン色素を産生し、それを周囲の表火皮角化細胞に供給することで、傘の役割をし、真皮に紫外線が届かないようにブロックしてくれています。

メラニンの種類

メラニンにはユーメラニンとフェオメラニンがあり、
ユーメラニンは褐色~黒色のメラニン、フェオメラニンは黄色~赤色のメラニンです。
肌の色と髪の色も、ユーメラニンとフェオメラニンの多い少ないで決まっています。

例えば、
白人=フェオメラニン
アジア人=ユーメラニンとフェオメラニン
黒人=ユーメラニン

のようになります。

ユーメラニンのような褐色~黒色のメラニンは、紫外線により発生する活性酸素を除去してくれます。
しかしフェオメラニンは紫外線を浴びると、逆に活性酸素を作ってしまいます。
白人に皮膚がんが多いのはこのことが理由の一つとして挙げられています。

メラニンになるメカニズム

メラニンは色素細胞の中で、チロシンというアミノ酸から生成されています。
チロシンはチロナーゼと呼ばれる酸化酵素により、反応・変化してメラニンへと変化していきます。
産生されたメラニンは本体通常のターンオーバーによって角質とともに垢として排出されています。

しかし、紫外線により角化細胞に異常が起きると、色素細胞に「メラニンを作りなさい」という指令が出続け、
過剰にメラニンが作り出されます。
また、ホルモンは直接色素細胞にメラニンを多く作らせます。

過剰に作り出されたメラニン色素はターンオーバーと共に排出しきれずに残ってしましまうのです。

他にも、ターンオーバーの乱れも排出できない理由の一つで、加齢に加え、紫外線、ナイロンタオルによる摩擦などの物理的刺激、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどの内的要因によることもあります。

次回はシミの種類とその原因、治療法をご紹介します!