「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

シミ

覚えておきたい!シミに効果的な成分とは??

シミに効果があるとされる主な成分は5タイプあります。

「メラニンの排出を促す成分」

・リノール酸S(ターンオーバーを促進させる働きがあり、メラニンの排出を促し色素沈着を防ぎます)
・レチノール(ピーリング効果があり、肌の角質を落としてくれます。シミも一緒に剥がれていくと言われています)

紫外線を浴びることによって皮膚のバリア機能としてメラニンが生成されます。
そのメラニン滞留が色素沈着をして、シミとなってしまします。

UVケアはもちろん大事ですが、メラニンの排出も大切なケアの一つです。

リノール酸とは、月見草やヒマワリの種・ベニバナなどから抽出される植物由来成分であり食用油等でよく耳にするかもしれません。
リノール酸はそのままでは肌へ浸透がしにく為、成分を抽出し肌へ浸透しやすくしたものが、リノール酸Sと言います。

レチノールは、ビタミンAのことを言います。
ピーリング効果以外にも、肌のハリや艶アップに効果があると言われ今注目を浴びている成分です。

「メラニン色素を還元する成分」

・ビタミンC誘導体

ビタミンCをお肌に吸収されやすく改良された成分です。
肌に吸収されると、ゆっくり時間をかけてビタミンCに戻っていきます。
浸透率や持続性が高く、化粧品の配合成分として人気が高くなっています。

メラニン色素を還元する作用を持つと同時に、メラニン色素の生成抑制効果もありますので、シミ対策には強い味方です。

「チロシナーゼを分解する成分」

・リノール酸S
・マグノリググナン

表皮に紫外線などの刺激が与えられるとメラノサイトへ情報伝達がされ、チロシンという物質を作り出し、チロシナーゼという酸化酵素を活性化させてしまいます。
チロシナーゼがチロシンに作用してしまうことで、チロシンが黒色メラニンに変化します。

このチロシナーゼを分解・抑制することによって、黒色メラニンの生成を抑制することがシミ・そばかす対策になります。

マグノリグナンはモクレン科ホオノキなどから抽出できるそう。
チロシナーゼ自体が形成されない状態になりますので、=メラニンが生成されないという状態になります。

リノール酸Sは生成されたチロシナーゼを分解する働きを持っています。

「チロシナーゼを押さえる成分」

・アルブチン
・コウジ酸

アルブチンとは、美白効果の高いとされるハイドロキノンとブドウ糖を結合させた成分です。
チロシナーゼの抑制効果があり、肌への刺激も強くなく安全性の高い美白成分として位置づけられています。

また皮下に吸収されると一部が分解されハイドロキノンとなりメラニン除去作用も発揮してくれます。

コウジ酸とは、味噌や醤油などの麹に含まれる麹菌を培養して作られる成分です。

チロシナーゼ抑制効果意外にも、肌の糖化や炎症を抑えてくれる働きもします。
多機能な成分であり、とても人気が高くなっている成分です。

「メラニン生成を止めるタイプ」

・カモミラET
・m-トラネキサム酸

カモミラETは、紫外線を浴びた際にメラノサイトはの情報伝達がおこなわれないという状態になります。
美肌のハーブともいわれる、カモミールから抽出された成分で、アレルギー抑制作用、炎症抑制効果もあります。

元々は医薬品のトラネキサム酸であり、抗アレルギーや抗炎症、止血などで広く使用されていました。近年では肝斑にも効果があるとされ、化粧品としても使用されています。

そのトラネキサム酸をベースに開発されたのがm-トラネキサム酸です。
メラノサイトへの情報伝達をブロックしてメラニン生成を止めてしまうという働きがあります。

美白化粧品の注意点

医薬部外品の美白化粧品は、あくまでも「効果が期待できる」という程度のものです。
誰にでも必ず美白の効果が認められるというものではないということを知っておきましょう。

また、肌タイプによっては刺激を受けてしまう場合があるので、もしお肌に異常があった場合にはすぐに使用を停止しましょう。