「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

シミ

顔にできると気になる…シミ!実は種類があるんです!その原因と対策とは??

シミといってもそれには種類があり、原因もそれぞれちがいます。
自分にできやすいシミを知り、自分にあった対処をしていきましょう!

シミの種類と原因

日光黒子

多くのシミがこのタイプと言われています。
淡褐色~濃褐色の色素斑で、顔以外にも手や背中、腕、背上など露出多い所にできやすいものです。
特に中年以降に増えやすく、原因は紫外線とされています。
よく紫外線を浴びることが多いと自覚がある方は、今からでもし美白ケアに加えて紫外線対策も行っていくことが重要です。

雀卵斑

一般的には「そばかす」と言われています。直径数ミリ以下の丸い斑点のような顔に生じる茶褐色の小さなものになります。
頬や鼻の周りなどに多く出ます。遺伝性が強く、3歳ごろからみられ、思春期に特に目立つようになります。

炎症後色素沈着

火傷やニキビ、化粧品のかぶれなど皮膚に炎症が起こり、治った際に生じる褐色のシミ。
年齢・性別・部位に関係なくできます。
時間と共に徐々に薄く感じることが多いです。
日頃からのニキビ対策はもちろん炎症をおこさないよう、心がけましょう。

肝斑

女性の頬に多く生じるシミで、妊娠避妊薬などによっては誘発あるいは悪化するので、女性ホルモンが関連して発症するといわれています。
紫外線によっても少し悪化してしまいます。
薄い褐色でやや大きく、頬骨に沿って左右対称にできるのが特徴的です。
高齢者ではほとんど見られません。
また、レーザー治療で悪化すると言われています。

シミを長年放置しておくと…

シミを長年放置しておくと、イボ状に隆起し「脂漏性角化症」という老人性イボに進展することもあります。
また、長年紫外線を浴び続けて、光老化が進むと皮膚がかさかさしたうろこ状のかさぶたのようになってしまうこともあります。これは「日光角化症」といい、まれに皮膚がんの元になることもある変病です。

美白ケアに加え、遺伝によるシミもありますが、紫外線やニキビに対策を心がけることで、さらなるシミ予防をしていきましょう!