「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

シワ

うっかり気付きにくい小じわ見逃してませんか?大じわの危険を防ぐ!

シワは「小じわ」のうちからの対策が重要です。

おでこが出ている髪型の方は気づきやすいのですが、前髪が額にかかっている方は意外と見逃しがちです。
「こんなところにシワがあった??」と思った方も多いでしょう。

深いシワは改善するハードルは高いので、小じわのうちに見つけておいてしっかり対策するようにしましょう。

部位に関係なくシワの主な原因は「乾燥」

浸透性の高いスキンケア商品を使い、肌が潤った状態をできるだけキープできるような商品を選びましょう。
化粧水→乳液やクリームのように美容液を使わないシンプルなスキンケアでも良いので、若いうちから
「潤して蓋をする」という保湿ケアを毎日習慣づけておくと良いでしょう。

小じわができやすい場所「目元」

目元の皮膚はとても薄く、肌の乾燥を防ぐための水分や油分を保持し続けることが難しい部分です。
また瞬きや笑ったり等、動きが多い部分になるので、「乾燥じわ」だけでなく、「表情じわ」にもなりやすいです。

スキンケアでは、洗顔で目元をゴシゴシ洗うことや、アイメイクを落とすためにクレンジングで目元をゴシゴシしてしまうことはNGです!

目元のしわだけでなく、たるみの原因にもなってしまいます。

保湿ケアではスキンケアの最後にアイクリームを目元と瞼、目尻に一番力の入りにくい薬指で塗るようにしましょう。

体の中から潤いサポート

しわは潤いがあればできにくく、解消される部分もあります。
体の中から潤いをサポートするには、ビタミンCや鉄分などがあります。
これらはコラーゲンの働きをサポートするので、肌に潤いを持たせてくれます。
また、ビタミンCは傷んだ肌の再生も助けてくれるため、紫外線などで傷んだ肌にも効果的です。

ビタミンCが含まれている食べ物…キウイフルーツ、グレープフルーツ、キャベツ、レモン等
鉄分が含まれてる食べ物…レバー、アーモンド