「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

幹細胞コスメ

夏こそ植物幹細胞の力!?ダメージ肌をほっとかないで!

植物幹細胞のスキンケアはその保湿力の高さから、冬場に重宝するイメージがあるかもしれません。
でも実は夏のダメージ肌にももってこいの成分なのです。
 

ダメージをたっぷり受けてしまった夏の肌

海やバーベキューやレジャー施設など、外で思いっきり遊びたくなるこの季節。
強い紫外線で思わぬ日焼けをしてしまったり、汗や皮脂でテカテカになってしまったり…
何かとダメージを受けることが多い夏の肌ですが、大事なのはそのケア。

紫外線や皮脂でごわついた肌を放っておくと
シミや毛穴の開きなどもっと深刻な事態になりかねません。

 

乱れたターンオーバーを正常に

ターンオーバーの周期は年齢や個人差も関係しますが通常28日程。
この周期が遅ければ遅いほどその分ダメージを受けた肌も治りが悪くなります。

だからといって早すぎるのもNG。
ターンオーバーを早く早く!と思って、過度な洗顔や角質ケアばかり続けていては逆効果。
ターンオーバーが早すぎ乱れた肌は、未熟な細胞のまま表面に上がりゴワゴワしている状態になり
水分を保つのが難しくなるのです。

正しいスキンケアを毎日コツコツ続けてターンオーバーの周期を正常に戻しましょう。
 

植物幹細胞の働きかけ


自分とまったく同じ細胞を生み出す力と、新たな細胞を生み出す力を備えている幹細胞。
この植物幹細胞が乱れたターンオーバーを正常に戻すのに重要な働きかけをします。
夏のダメージを受けてごわついてしまった肌のキメを整え、なめらかでふっくらした肌へと導きくのです。

さらに、高い保湿力をもった植物幹細胞スキンケア。
しっかり潤いを補給してあげることで肌へのダメージの蓄積を防ぎ、
疲れた肌を労わってあげましょう。