「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

幹細胞コスメ

成長因子(グロースファクター)がみずみずしいお肌を作る!

770_01

幹細胞コスメに使用される幹細胞培養液には、衰えた肌組織を再生させるために有効な、様々な要素が含まれています。そのなかのひとつに、成長因子(グロースファクター、GF)があります。

実はこの成長因子が、お肌のアンチエイジングのキーに。というのも、肌の若々しさを作り出す幹細胞に働きかけるものこそ、成長因子だからなんです!

成長因子とは

成長因子とは、特定の細胞の増殖や分化を促す、体内にあるタンパク質の総称です。そのため別名として「増殖因子」「細胞増殖因子」などとも呼ばれます。

人間の体は「ヒト成長ホルモン」というホルモンによって、各器官の健康を維持します。しかしこのホルモンは、20代後半から減少するため、その頃から身体の各部分で老化現象が起こるのです。そしてそのひとつに、お肌の老化が挙げられます。

ではどうすればヒト成長ホルモンを活性化させ、老化現象を食い止めることができるのか? それには、成長因子の働きが関係します。なんと成長因子は、ヒト成長ホルモンを活性化させることができるんです。

さらに先述したように、成長因子は細胞へ情報伝達を行い、細胞の成長や増殖・分化を促進させます。そのため「情報伝達因子」というくくりにも分類されます(その他の情報伝達因子には、「サイトカイン」「インターロイキン」「ホルモン」などがあります)。

お肌に関わる成長因子

成長因子には数多くの種類があります。ここではお肌に関係する主な成長因子をご紹介します。スキンケア・アイテムの成分として書かれていることもあるので、要チェックです!

1:EGF(表皮細胞成長因子)
ターンオーバを司る表皮幹細胞に指示を出し、表皮細胞を増殖させます。結果として、シミやくすみ、ごわつきが改善されます。

2:aFGF(線維芽細胞成長因子)
真皮幹細胞に指示を出し、線維芽細胞を増殖させます。結果として、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸・SOD(抗酸化物質)等が活性化され、シワやたるみなどが改善されます。

3:IGF(インスリン様成長因子)
損傷を受けている皮膚を再生させます。さらにコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成を促します。

4:TGF-β(トランスフォーミング成長因子)
コラーゲン・エラスチンを強固にし、お肌に潤いを与えます。抗炎症作用があり、敏感肌の改善効果があります。

透明感のあるお肌へ

770_02

細胞の再生・活性化の大元となる成長因子を直接取り入れれば、肌老化のサイクルから脱却できるのは一目瞭然! 幹細胞培養液に含まれる成長因子のちからで、透明感のあるみずみずしいお肌を取り戻してみませんか。