「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

幹細胞コスメ

幹細胞が最先端の「再生医療」を叶える!

736_01

2012年にiPS細胞がノーベル医学・生理学賞を受賞した頃から、一般的にも耳にするようになった「再生医療」という言葉をご存じでしょうか?
おそらく言葉自体はお聞きになったことがあっても、詳しくは分からないという方は少なくないのでは? そこでここでは再生医療と幹細胞の関係について、簡単にご説明していきます。

そもそも幹細胞って?

人の体は、それぞれの役割を受け持った細胞や臓器などが合わさって構築されています。その中で「幹細胞」は、分裂時にその同じ特定の細胞、もしくは様々な種類の細胞に変化することができる働きを担っています。その働きのおかげで、私たちは多少のケガや病気で細胞が傷ついてしまっても、また元通りに健康な状態に戻ることができるのです! 生物って本当によく出来てますよね~。

幹細胞と一口に言っても、その種類は数多くあります。たとえば肌に関するモノであれば「表皮幹細胞」「真皮幹細胞」。さらにあらゆる細胞を作り出すことが可能な「胚性幹細胞(ES細胞)」というものもあって、これは生物の発生過程において存在する幹細胞を指します。

ちなみにiPS細胞は、胚性幹細胞と同じくあらゆる細胞に変化することができる性質をもつ、人工的に作られた幹細胞(人間の体細胞に因子を導入し、培養したもの)。移植をしても拒絶反応の懸念が少ないために期待されているんですよ。

再生医療とは?

これまでの医療では、病気や事故などで臓器や体の一部を欠損した場合、臓器移植など外部から組織を補わないといけませんでした。しかし元々体の自然治癒力を担っている「細胞の元」である幹細胞を利用し、欠損・損傷した組織や臓器などの「細胞自体の再生」を試みる医療の可能性が広がっているのです。これがいわゆる「再生医療」のこと。

再生医療を行えば、これまでは治療困難だった症状にも対応できる幅が増え、さらにはドナー不足の問題を克服することもできるんです!

多大な幹細胞の可能性

736_02

医療現場で多大な期待を寄せられている幹細胞。その可能性はスキンケアという一般的な美容レベルにおいても、すでに大注目されています。今後も女性たちの永遠のテーマであるアンチエイジング対策において、飛躍的な発展を見せてくれることは間違いナイのでは!?