「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

対策

ぽっこりお腹さようなら!プルーンを食べてお腹スッキリ!

プルーンには多くの魅力がありますが、本日はその中の一つ「便秘改善」について!

日本人に多い弛緩性便秘に

弛緩性便秘とは、体質や水・食物繊維不足、運動不足、ストレス、食事の量が少ないことなどが原因の便秘です。
日本人の便秘に困っている多くの方が、この便秘だと言われています。
弛緩性便秘は食物繊維の不足が原因んの一つと言われています。

食物繊維が豊富なプルーン

プルーンに豊富に含まれていると言われている食物繊維は、スムーズな排便を支えるとっても重要な栄養素といわれています。
さらに、食物繊維には「水溶性」と「不溶性」の2種類があり、両方のバランス良く摂ることが大切とされているのですが、
プルーンにはこの2種類のバランスが良く含まれています。
そのため効率的に便秘対策ができるとってもおすすめの食べ物なのです!

効率の良いプルーンの食べ方

生よりドライプルーン

プルーンには、生のものと乾燥させたものがありますが、ドライタイプのプルーンがおすすめです。
便秘対策に必須な食物繊維が乾燥させた方が多くなるといわれているからです。
また保存期間も長くなるのでおすすめです。

まずは1日4~5粒を目安に

便秘の程度によっておすすめの個数は異なりますが、少なすぎてもあまりよさを実感できませんし、
食べ過ぎはお腹をゆるくさせてしまう可能性があります。

食べるタイミングはいつでもOK

プルーンを食べるタイミングは、食べたいときに食べるのでOKです。
1日の始まりに、食後のおやつに、小腹がすいたときにと、タイミングを自分で決められるのも良いですね!

食べ過ぎは注意

なんでも食べ過ぎはよくありません。先ほども言った通り、食べ過ぎは、逆にお腹がゆるくなってしまう可能性もあるので、
食べる量には気を付けましょう。

妊婦さんやお子さんの便秘対策にも!

妊婦さんいもお子さんにも便秘対策にプルーンを食べていただけます。
固形のプルーンが苦手という方には、100%プルーンジュースを飲むという手もありますので、
特に固形物を飲み込めない赤ちゃんには、プルーンジュースを白湯で薄めて飲ませてあげではいかかでしょうか?
プルーン果汁はドラッグストアやスーパーで比較的安価に購入できるのでおすすめです。