「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

対策

花粉症にならない人となる人の違いとは?【花粉症対策】

今は4人に1人が花粉症と言われているほど、身近なアレルギー症状です。

もしかして…?花粉の症状?

くしゃみ
風邪では、あまり立て続けに出ないのに、立て続けに何回もでる。

鼻水
透明でさらさらしている。

鼻づまり
両方の鼻がつまり、鼻で息ができないこともある。
風邪では比較的この症状が軽い。

目のかゆみ
とてもかゆく、涙が出ることもある。

花粉症とアレルギーへの抵抗力と免疫力の関係

花粉症は免疫力が低下し、免疫バランスが崩れて花粉に対して過剰反応を示すことで発症します。
花粉症にならない為には、免疫力UPにつながるような生活を心がけましょう。

免疫力UP①規則正しい生活

花粉症にならない人は、早寝早起き、3食ご飯をきちんと食べて適度に運動している場合が多いようです。
不規則な生活はもちろん、欧米化した食事、添加物の多い食事もよくありません。
既に花粉症になっている方でも規則正しい生活を目指すことで、症状も緩和されるそうです。

免疫力UP②疲れやストレスを溜めない

実は心と免疫力は密接な関係にあります。
疲れやストレスがたまると自律神経のバランスが崩れて花粉症の症状が出やすくなるそう。
また疲れが溜まると、症状がひどくなることもわかっているそうです。

免疫力UP③運動をする

花粉症の症状自体に直接な関係はありませんが、自律神経を整えて、免疫力を上げてくれます。
外でのランニングだと、花粉を吸ってしまい、逆に悪化してしまうという場合もありますので、
気になる方はジムなどの室内で運動するのがオススメです。

疲れがひどくならない程度に適度な運動が望ましいです!

免疫力UP④低体温の人は体温UPを

体温が1度上がると免疫力は約5倍も上がるのだとか…!
花粉症だけでなく、インフルエンザなどの症状にも良いのです。
低体温の方はとくに、お風呂にしっかりつかり、お腹をカイロで温めることもおすすめです。

幼少期の育った環境にも関係しているとか…!

幼少期育った環境が、除菌!殺菌!などと気にして生活していると、
必要な細菌までやっつけてしまいます。
幼少期に適度に雑菌たちと共存することで、免疫力や抗体ができます。

また、清潔にしすぎると、花粉症だけでなくアトピーや喘息にもなりやすかったりするそうです。

小さなお子様がいる方、これから産まれるという方など気にしてみてはどうでしょうか?