「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

アイブロウ

まゆげ、なんだか変??を解決!自分に合った眉の作り方!

gahag-0098644032-1

眉毛の作り方って以外と難しく思う人も少なくないのではないでしょうか?
特に、眉尻や眉頭など少なくてどこから描き出せばいいのか、迷いますよね。一つ間違えるとなんだか変!?な眉毛になってしまいます。
しかも、左右対称の眉毛はほとんどないので、しっかり自分の眉毛の描き方を研究しなければ、美人眉にはなれません!

ポイントを押さえて美人眉をめざしましょう!

眉頭、眉山、眉尻どこから描き始めますか?

眉頭からという人!実は失敗の元なのです。
眉頭から描くとどうしても眉の印象が強くなりがちになってしまいます。

眉尻→眉山→眉頭
に描くのがおすすめです。

パウダー、ペンシルの使い分け

眉毛がしっかり生えていて優しい印象にしたい場合はパウダー、少ない場合はペンシルでしっかり形をとっていくのがおすすめです。
さらに、
パウダーで眉毛の間を埋め、眉毛が足りないところは、細いブラシかペンシルの少し濃い色で、毛一本一本を描くようにしていくと自然な印象になりますよ。

眉毛と目の間を縮めるイメージで描くと美人顔に

眉毛と目の距離が近いほど、ハーフ顔に近くなります。
それが、美人顔への近道です!
さらに、日本人は目と眉の距離が離れている傾向があるので、眉下を中心に描いていくことで、大きく印象を変えることが出来ます。

スクリューブラシでとかす

パウダーやペンシルがなじむように、スクリューブラシでとかしていき
ます。これも自然な眉毛をつくるポイントになります。

眉マスカラをON

せっかく眉毛を描いても、地眉の色が黒いままでは野暮ったいイメージになってしまいます。最初は毛の流れに逆らって塗っていくと液がなじみやすいです。
最後にジグザグと毛の流れに沿って塗っていけば完成です。

すこしの手間とコツさえつかめば誰でも美人眉になれます。

あとは、平行眉や太眉など、流行に合わせた眉メイクもできればきっとメイクをもっと楽しめるはずです!