「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

コンシーラー

シミ、しわ、ニキビ、、コンシーラーを上手に使って違和感なく悩みをカバー!

gahag-0102423301-1

コンシーラーって使いこなすのが難しいと思いの方も多いのではないでしょうか?

使っているファンデーションの種類、コンシーラーの種類やカラー、
全ての相性が合わないと上手くカバーしきれなかったり、変にシワの溝にたまったりと
なかなかぴったりのものを見つけるのは難しかったりします。

リキッドファンデーションをご使用なら

下地→リキッドファンデーション→コンシーラー→フェイスパウダー
リキッドファンデーションを伸ばした後コンシーラーをのせ、スポンジでなじませていくと、キレイに仕上がります。

パウダーファンデーションをご使用なら

下地→コンシーラー→パウダーファンデーション→フェイスパウダー
パウダーファンデーションの上からコンシーラーをしてしまうと、伸びも悪く、浮いて見えてしうまう原因となってしまいます。
パウダーファンデーションの場合最後にフェイスパウダーをして、色味統一させなじませるのがおすすめですが、乾燥肌の方はしっとりめのパウダーファンデーションを使うか、パウダーなしでもOKです。

コンシーラーの種類

始めて使う方や慣れていない方は、固めのクリームタイプかスティックタイプが使いやすいと思います。しかし、シミやクマ、ニキビなど悩みによって相性の良いタイプが変わってくるので、それぞれの特徴を覚えておくと良いと思います。

ペンシルタイプ

あまり見かけないかもしれませんがこちらは、油分の少ないクレヨンみたいな質感です。細かい部分のシミを隠すのに使いやすいタイプでどちらかというと自然なつき方です。硬めで顔料が多いタイプなので、ファンデーションを重ねてもぼやけてしまいにくいのが特徴。リップラインの修正などにも便利です。

スティックタイプ

気になるところに直接塗って、指先でなじませることのできる手軽さとカバー力の高さで、人気の高いこのスティックタイプは、リップスティックのような形で持ち歩きにも便利なので、ファンデーション代わりに、これとパウダーで済ましてしまう人もいるくらいです。
プチプラブランドでも優秀なものが多く出ているので、手軽なのも良いですね。

クリームタイプ

クリームタイプは一番ファンデーションに近く、自分の肌色や肌のコンディションに合わせて、色をブレンドして使えるものも多いので、プロユースのイメージです。ハイライト、シェーディングもしたいと考える人におすすめです。

リキッドタイプ

リキッドタイプは、リップグロスのようになっているものや、筆ペンタイプが主流です。柔らかめのリキッドで、自然に広い範囲をカバーしたい方におすすめ。コンシーラーとしては一番化粧のりが軽く、自然なのが特徴です。

お悩み別のカバーの仕方

クマ隠し

<茶グマ>
目の周りに茶色くしみのようになっているものが、茶グマです。
目をこするクセがあると色素沈着をおこしこしてしまっている状態です。
ベージュ系やイエロー系がおすすめです。さらにやわらかめのリキッドタイプやクリームタイプを指で軽くなじませていくのが基本です。

<青クマ>
目の下を指先で軽く引き伸ばして、色が薄くなるのが青クマ。手首の静脈が青く透けて見えるように、二酸化炭素を多く含んだ血液は、皮膚の上から見ると青くみえてしまうのです。これが青クマの原因です。
もともと目の周りの皮膚は薄く、静脈が透けて見えやすい人に起こりやすいトラブルで、寝不足や目の疲れの血行不良などでも起こりやすくなりますが、ほおっておくと、なかなか治りにくくなってくるので気を付けましょう。青クマにはピンク、オレンジ系です。こちらも柔らかめのリキッドタイプやクリームタイプがおすすめです。

<黒クマ>
最後に、眼球のくぼみあたりに表れるのが黒クマ。上向き加減で、鏡やスマートフォンの画面を見たら薄くなるのはこのタイプです。黒クマは、年齢とともにおきる肌のたるみが原因で、くぼみに影をつくって、黒く見せてしまうことによっておきてきます。
黒クマはベージュ系がおすすめです。ここは、細かいしわの影が原因なので、塗れば塗るほど目立ってしまいます。リキッドタイプで薄く隠す程度がポイントです。

シミ、そばかす

シミ、そばかすなど色素沈着ができやすい人は、隠すのに効果的なのはイエロー系のコンシーラー。ファンデーションよりワントーン濃い色のコンシーラーも、自然に隠すことができます。スティックタイプ、ペンシルタイプを、ポイントでシミ、そばかすの部分に置いて、軽く指先でなじませましょう。明るい色を重ねると、かえって浮き上がって見えてしまうので気を付けましょう。

ニキビ、ニキビ跡の赤み

ニキビの場合の赤みなどを消したい場合は、グリーンやイエロー系が効果的。はじめはびっくりしますが、グリーンは意外と肌なじみ良く、肌色を明るくしてくれます。ニキビで凹凸のあるところはコンシーラーを置いたら、指先で軽く叩くようになじませましょう。ニキビを悪化させないように、やさしく押えるように叩きましょう。

小鼻の赤み

小鼻や小鼻まわりの赤みで悩んでる人も意外と多いです。ここが赤いと、なんだか子供っぽい印象になってしまいますよね。イエロー系、ベージュ系を軽く指の腹でなじませるように使いましょう。
スティックタイプの黄色味の強いコンシーラーをバッグに入れておくと、化粧直しにも重宝しますよ。

上手に使いこなせば、完璧な肌を目指すことができます。
コンシーラー選びから正しい使い方まで覚えておくときっと役に立つと思います!