「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

アイシャドウ

色落ち、粉落ちからおさらば!キレイなアイシャドウを長時間キープする方法!

4451319107_c2aea20e5c

出典:Hamner_Fotos

塗りたてのアイシャドウはとてもキレイですよね。
キレイ目元が一日中続けばいいのに、、、

みなさんはアイシャドウの持ちを良くする工夫はしていますか?

今回はキレイなアイメイクを長時間キープするおすすめの方法をご紹介いたします。

まずは、お手軽な方法から!

指で塗る

アイシャドウは必ずブラシで塗る!という人には抵抗があるかもしれません。
さらに、ふわっとした発色にしたいという場合には向きませんが、
指で塗ることによってフィット感が増しますし、発色が良くなります!


出典:Dalibor Tomic

リキッドファンデーションの上から重ねる

リキッドファンデーションをお使いの方には、簡単にお試し頂くことができる方法です。
リキッドファンデーションの後、潤いの残った瞼の上からアイシャドウを塗ることでよりフィットします!



以上紹介してきましたが、なんといってもオススメなのが「アイシャドウベース」を使うということです。
もしアイシャドウベースをまだ使ったことがない人は、仕上がりも持ちも全然違いますので、ぜひ試して頂きたいです!

アイシャドウベース得られる効果

まずなんといっても発色が違います!
特にパール入りのものは目元のくすみを飛ばし、アイシャドウの発色をよくしてくれます。
今までお使いのアイシャドウが、みちがえるようなキレイな発色に仕上がります。
他にメイクアップ効果としては粉落ちを防ぎ、ツヤもプラスしてくれます。
さらに、嬉しい効果として瞼のスキンケアができるということです!
アイシャドウベースには、美容成分が含まれたものも多く出ています。
いきなりアイシャドウを塗るのではなく
特にクリームタイプを使えば、乾燥からも瞼を守ってくれます。

本当に嬉しい効果がたくさんなんです!
では効果的な使用方法もご紹介します。

アイシャドウベースの種類

パウダータイプ

脂性肌の方にオススメです。乾燥による脂性肌にはオススメできませんが、
皮脂によってアイシャドウがいつもヨレるという方にピッタリです。

リキッドタイプ

奥二重や、二重の方におすすめです。
さらっとしているタイプが多いので、二重にアイシャドウがたまりにくいです。

クリームタイプ

瞼が乾燥しやすい方や、スキンケアもしっかりしたいという方にオススメです。
クリームタイプというだけあって、保湿をしっかりしてくれます。

アイシャドウベースの使い方

使い方はとっても簡単です。
「少量をとって、アイホール全体に薄く広げる」

それだけです!思っているより気軽にチャレンジできるものなので、
お持ちでない方はぜひお試しください!