「辛口美容ライターREIKO」の美容コラム

洗顔

これはやってはダメ!洗顔のNG5つ!

しっかり洗顔しているはずなのに
肌がボロボロ…
なんてことはありませんか?

実はやってはいけない行動をしているかも…
今一度振り返ってみましょう

①ごしごし擦っている

毛穴から黒ずみをなくすため…
ニキビができたから念入りに…

実はその行動逆に肌を傷つけさらなる肌荒れを招きます。
肌は敏感でデリケート

タオルや手の平で擦るように洗ってはいけません

 

 

②シャワーで顔を洗っている

シャワーでさっと洗っちゃえば時短で楽
なんて考えてやっていらっしゃる方は意外と多いかと思いますが

こちらはかなりNGな行動です

シャワーは水圧が高く実はかなり肌を刺激します。
肌は前述でも記述した通り大変デリケート

シャワーで直接顔を洗うのではなく
シャワーで洗面器などにぬるま湯を入れ
それで洗いましょう

 

③1日に何回も洗顔する

皮脂は黒ずみの原因、洗えば落ちますが
何事もしすぎてしまうと必要な皮脂まで洗い落としてしまい
肌の感想や毛穴の開きを逆に招いてしまいます。

 

④熱すぎるお湯、冷たすぎる冷水で洗う

顔を洗う適温は34度です

冷水の方が肌が引き締まる気がする
熱い方がしっかり落とせる気がする

というのは本当に気のせいです

実際冷水は毛穴が引き締まりますが
一時的でしかも引き締まった毛穴から汚れが落ちにくくなってしまいますので
しっかり洗えていないことになります

熱いお湯で洗うと皮脂を取りすぎてしまい乾燥を招いてしまいます。

熱すぎず冷たすぎず
適温で洗うことでアフターケアもしやすくしっかりとした洗顔が出来るというわけですね

 

⑤泡立てないで洗う

泡が最初から出る洗顔フォームではなく
チューブや石鹸などで顔を洗う際
顔の上で泡立てて洗っていませんか?

泡立つからいいと思われるかもしれませんが
結果的に強く擦ってしまっているため
肌を傷つける原因になりえます

手のひらや
泡立てネットや元々泡のフォームなどを使い
肌に直接手で触れるのではなく泡で
優しく撫でるように洗いましょう。

泡自体に美容成分があるわけでも洗浄力が
高くなるといったこともありませんが
滑りを良くして肌への負担を減らすことは出来ます

 

洗顔のやり方自体ネット上にたくさんあって
どれが正しいの?どれが真実なの?
というように思ってしまいますよね

でも一番大切なことは自分の肌質を知ること
それに合わせて洗顔のやり方を変えていくことが
よりよい肌に導いてくれます